みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

ビジネスマンならチェックしておきたい東洋経済オンライン

time 2015/09/24

チェックしていない人は遅れている!?経済の流れを掴むためには欠かせないサイト

新聞やテレビで話題になっている経済ニュースを見ていて、
このニュースの背景が詳しく知りたい、もっとつっこんだ専門家の解説を読みたい、
と感じることって多いですよね。

知らないと恥ずかしいけど今さら人に聞けない経済の常識、
誰かが教えてくれたら、と思うことも実はよくあることです。

ビジネスに必要な知識を確実に、簡単に得るために是非チェックしてもらいたいのが
東洋経済新報社が発行している雑誌「週刊東洋経済」のオンライン版である
東洋経済オンライン」です。

東洋経済

週刊東洋経済とは

「週刊東洋経済」は1895年創刊の、日本で一番古い歴史ある経済誌です。

会社四季報を発行している東洋経済新報社発行ということもあり、
もともと企業情報などには定評がありましたが、
近年は終活など生活に身近なテーマなども特集しており、
経済に詳しくない人も手に取りやすい内容になっています。

その「週刊東洋経済」の内容をさらに素早く詳しく読めるようにしたのが
「東洋経済オンライン」です。

雑誌版以上に充実した内容で、
ビジネス雑誌のオンライン版の中では一番の人気を誇っているサイトなのです。

<スポンサードリンク>

ビジネスマンなら必ずチェックしておきたいコンテンツ満載

経済の最新ニュースはもちろんのこと、
仕事に役立つ心理学やビジネスマナーなどの記事も充実しており、
どこを読んでもビジネスマンの役に立つ内容になっています。

記事数はすごく多いですが、記事は項目別になっていてとても見やすい画面で、
検索もしやすくなっています。
カテゴリーと特集は別になっているなど、誰にでも使いやすいと思います。

また一部の経済誌に登場する財界人、評論家はその世界の重鎮が多く、
若手・中堅のビジネスマンにはあまり身近ではない場合も多いのですが、
「東洋経済オンライン」には20代、30代も多く登場してます。

「東洋経済オンライン」の主な読者層は20~40代の若いビジネスマンということですが、
その世代と同世代の人が多いので内容が身近に感じられ、興味をかきたてられます。

そういった活躍している若い世代の話を読み、
社会を動かしているのが一部の重鎮だけではないと、
やる気をかきたてられますね。

PC

就職活動にも役立つ

「就職四季報」を出版している東洋経済新報社だけに就職情報も充実していますので、
就職活動をしている大学生にもおすすめできます。

就職に必要な情報を得られるだけでなく、
働き始めた後にも役にたつこと間違いなしです。

スマートフォンにももちろん対応していますので、
通勤通学の電車の中、休憩中の隙間時間などに気軽に読むことができるのも魅力ですね。

また、経済情報だけでなく、
今知っていたらとても楽しい話題に関するコラムも充実しています。

一般常識のレベルを上げ、取引先の人や上司との雑談で何を話していいかわからない、
という悩みを解消するのにも有効なツールとなってくれます。

ニュースを知るだけでなくそのことについて深く洞察するには、
そのニュースの背景や歴史を知り、他者の知見を広く読むことが必要になります。

「東洋経済オンライン」はその作業の手助けをし、
あなたの仕事の頼もしいパートナーとなってくれることでしょう。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信