みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

転職するタイミングとは?

time 2015/06/30

今の仕事、合わないかも・・・

仕事

あなたはご自身の仕事に満足していますか?
毎日、はつらつと会社に行き意欲的に業務が行えていますか?
一日の大半を費やす「仕事」。
合わない仕事を続けるほど、苦痛なことはありません。
そんな時はいっそ転職して、もっと快適な環境で仕事をすれば、今よりも効率が上がり、給与の大幅アップだって測れるかも。

でもちょっとまって!

転職するのによい「タイミング」をご存知ですか?

どんな職場も、思い立って急にやめるよりは、タイミングを計ったほうが賢明です。
今日は転職にオススメなタイミングについてご紹介したいと思います。

年齢によるタイミング

求人票を見ていると「~35歳まで」など、年齢の指定がある場合も多く見受けられます。
そういった場合、大抵「~●5歳まで」「~●0歳まで」という区切りが多いのです。
ということは、29歳と30歳では、応募できる求人が異なってくる可能性があるわけです。
なので、区切りの年齢(29歳、34歳など)の方は急いだほうがいいかも!?

<スポンサードリンク>

今の会社の勤務年数によるタイミング

自己都合で退職となると、あまりに勤務年数が短すぎた場合、次の会社の面接でも、あまり良い印象は持たれない場合が多いです。
少なくとも面接で退職理由について聞かれることは避けられないと思います。
その時にちゃんと説明できる理由があれば問題ありませんが、「ただ、何となく合わない」という方は、もう少しがんばってみてもいいのかも?

また、退職後、求職中に出る失業保険のもらえる期間も、この勤務年数によって異なってきます。
退職届を提出してしまう前に、まずはこの辺の調査をしてから、タイミングを計るのも大切です。

若い人の転職のタイミング

例外として、まだ若い場合は、今の会社で勤務年数を稼ぐよりも、早めに方向転換して、新しい会社でキャリアを積むということを考えても良いかもしれません。
たとえば短大卒であれば、大卒、院卒の同い年のひとと、中途でも同じタイミングで入社できる可能性もあります。
失業保険など目先のお金よりも、将来のためのキャリアアップを考える人には、ぱっときりかえるという方法も良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
一口に転職と言っても、あなたの年齢や勤務年数などによって、最善のタイミングというものがあります。
ただやみくもに勢いでやめてしまわず、しっかりと下準備をしてから、転職してくださいね。
どちらにしても「自分にとって損のない方法」を、しっかりと調べて選択することが重要です。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信