みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

知らないと損!おすすめクエン酸活用術ベスト3

time 2016/10/14

重曹は地球や人にやさしいお掃除アイテムとしてすでに浸透してますが、クエン酸はどうやってつかったらいいかわからないという人もいます。
クエン酸も重曹と同じく色々な場所で使えるので、とても重宝します。

知っておきたいクエン酸の活用術の一つは、水垢の掃除です。クエン酸は名前の通り、柑橘類由来の酸です。
酸はアルカリ性と正反対の性質であるため、アルカリ性の汚れを効果的に落とすことができます。
水垢はアルカリ性の汚れなので、お風呂や洗面所、キッチンのシンクなど水回りで活躍します。

<スポンサードリンク>

掃除の方法は、最初にスプレーボトルにお掃除液を作っておきます。
約コップ二杯分の水にクエン酸を小さじ二杯入れるだけです。水垢の気になる所にスプレーしてしばらく置いておきます。
軽くこするだけで、きれいになります。
水垢による汚れは時間が経つと黒くなり、カビにも見えます。掃除したい部分だけでなく、広い範囲にスプレーするようにしましょう。
頑固な汚れの場合は少量の重曹を加えることで、汚れを浮き上がらせて除去できます。洗面所の鏡や水道の蛇口が白っぽくなることがあります。
スプレーしてすぐに柔らかい布でふき取るなら、元の輝きを取り戻します。お手洗いに使う場合は、汚れが取れにくいため多めにスプレーしましょう。
噴射したあと、ティッシュを貼り付けておくなら下に液が垂れることを防げます。塩素系洗浄剤とは混ぜないように注意が必要です。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

二つ目の活用術は洗濯です。
昔まだ着物を着て生活していたころ、今のような洗剤はありませんでした。洗剤としてお酢が使われていました。お酢には汚れを落とし、消毒や消臭の作用があるからです。昔の人の知恵の一つです。同じ原理でクエン酸も洗濯に使うことができます。普通の洗剤と同じように、洗濯機に少量を入れるだけです。中和させて取り除くため、洗剤では消えない臭いもなくなります。食品でもあるので、赤ちゃんの衣類にも安心して使えます。洗濯の最後に加えて、柔軟剤の代わりにもできます。衣類が酸の働きで柔らかくなるので手触りがよくなります。

活用術の三つ目は入浴剤として使う方法です。天然温泉には酸が含まれています。
酸が体に作用して、血行を促進し疲労物質を取り除きます。普通のお湯に浸かった後と温泉に入った後では、湯上りが全く違うのは酸が含まれているからです。クエン酸を使うなら、同じような効果が得られます。温泉と同じ成分にすることは無理ですが、浴槽に少し入れるだけで入浴剤替わりになります。稀に肌に合わないこともあるので、少量ずつ試してみましょう。殺菌効果や消臭効果もあるのも嬉しいことです。湯船につかりながら、肌を優しくマッサージしましょう。肌の汚れを落とし、吹き出物を防ぐ働きもあります。
クエン酸は生活のあらゆるシーンで活躍する、万能で安全なアイテムです。手荒れや残留の心配もないので、家族で安心して使えます。食品由来なので、地球にも優しくエコロジーでもあります。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信