みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

DMPの基礎知識と活用法

time 2016/02/18

DMPとはいったいどんなもの?

DMPは、インターネットで繋がれた色々なサーバに蓄積しているビッグデータや自分の会社で運営しているサイトのログなどのデータを一元的に管理したり、分析したりして、広告を配信するWEBマーケティングを展開するときなどに最適なプランを具現化するための環境のことを指します。

DMPは今までなかったシステムではなく、
類似した目的や機能があるシステムにはDWHが挙げられます。

DWHにお客様の購入履歴やデモグラフィック、位置などといった
オーディエンスデータという広告のターゲットを絞り込む要素が加わって分析された情報を広告などのプランに具現化しやすくなった仕組みになります。

PC

オープンDMPは、様々なWEBサイトにアクセスしたユーザーのデモグラフィックや
興味を持っていること、関心を持っていること、
食べ物や趣味の好みなどといったオーディエンスデータと情報交換することが可能な
クラウド型のデータを格納する環境のことです。

プライベートDMPは、先ほどのオープンの環境に加えて会社が独自に持っている
購買情報やユーザープロファイル、今まで行ってきたプロモーションの結果など
マーケティングの情報を集めて、これをオーディエンスデータと同調させて構築する環境のことです。

顧客管理情報に、今まででは収集することが困難だった
オーディエンスデータを組合せたデータの集合体ともいうことができます。

データを格納している場所が会社内
つまりプライベートな場所にあるというところがポイントです。

今ではオープンとプライベートという分け方では
分類することが難しくなってきています。

office

<スポンサードリンク>

どんな音に活用できるの?

DMPを導入するメリットとしては、
自分の会社が運営しているサイトのアクセス解析や、
自分の会社が持っている顧客情報だけでは知ることができない、
インターネットの環境上にある色々な情報を使ってWEBマーケティングを行ったり、
効果的な広告を配信したり、オーディエンスデータと自分の会社が持っている顧客情報を組合せて、会社が持っている情報を拡充させて、広告以外の方法も含めて色々なWEBマーケティングに活用できることが挙げられます。

具体的には、
例えば特定のWEBサイトの会員が、そのWEBサイトにアクセスしたときに友達を紹介してくれた人に特典があるバナーを掲載して、紹介した友達がそのWEBサイトの会員に登録するとポイントがもらえるキャンペーンを行います。

そして会員でない人がそのWEBサイトにアクセスしたときには、
予め性別や年代など十二の項目のキービジュアルを作っておいて、
WEBサイトにアクセスしたユーザーのデモグラフィックに適応したキービジュアルと
新しく会員に登録したときに受けられる特典をアピールするバナーに切り替えられるようなWEBマーケティングを実施することができます。

あくまでもこれは、DMPを利用したWEBマーケティングの一例ですが、
マーケティングを行う人の工夫により、色々なWEBマーケティングが考案できます。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信