みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

人気のadobeソフト

time 2015/07/06

adobeが広げるソフトウェアの可能性

adobe

adobe readerについての詳細はこちら

adobe(アドビ)はアメリカのソフトウェアですが、その名前を知らなくても、普段パソコンに触れることがある人なら、どこかで必ずといっていいほど、adobeの製品にはお世話になっているはずです。
例えば、文書の共通のフォーマットであるPDFがadobeの製品だと知っていて利用している人はそれほど多くないかもしれません。
当たり前のように何気なく使っているものですが、当たり前ということは、言い換えれば、違和感なく、不満もなく使うことが可能であるという意味でもあるので、逆に、これらのソフトが使えなくなってしまったら、どれだけ不便になってしまうのだろうと思えるほど、広く普及しているのです。

アドビシステムズは、そのように、存在して当たり前と思うことができるような、必要不可欠な製品を多く生み出してきたのです。
ひとつのヒット商品のみならば、その会社の実力はそれほど期待できるものではないかもしれません。
しかし、このソフトウェア開発会社の視点は特異的ともいえるほど、多岐にわたって素晴らしい着眼点を持っており、その時代に必要とされているニーズをいち早く分析し、商品化しているのは本当に驚異的ともいえるでしょう。

<スポンサードリンク>

さまざまなadobe製品

adobeの製品の中でも、日本でも有名なものには、いくつもありますが、例えば、flash player(フラッシュプレーヤー)も、パソコン上で動画を再生する際には非常に役立つソフトウェアだといえるでしょう。
また、グラフィックソフトの先駆けともいえるような存在である、photoshop(フォトショップ)もadobe製品のひとつです。
フォトショップは、高いクオリティの作品を分かりやすく、手軽に作り出すことが可能なソフトウェアで、フォトショップの登場によって、多くのデザイナーの作品のクオリティが格段に向上しただけでなく、それまで、コンピューターグラフィックに興味があっても、なかなかチャンスがなかったような人たちにとっても、チャレンジしやすいソフトウェアとなったことでしょう。
Illustrator(イラストレーター) というソフトもありますね。
学生向けに割引サービスなども始まり、グラフィックデザインをする人にとって、ますます欠かせない存在のひとつになりました。

このような高品質なグラフィックのソフトフェアは、とても高額な場合が多く、会社などで所有するような場合はともかく、個人で趣味のひとつとして購入するには、なかなか気軽にという訳にはいかないケースが多かったのですが、フォトショップの場合は、学生のために非常に割安な価格で購入することもできるパッケージも用意されていたりと、とても親切な販売形態をとっているようです。
実際、このように、これからの将来を担う若手の人材を育成するためにも、高品質のソフトウェアに直接触れて、使いこなしていくという経験は、とても大切なものです。

少しでも若いうちに始めたほうが、自分のものとして使いこなすこともできるようになり、想像の幅がどんどん広がっていく訳ですから、手に届くような価格設定にしているのは非常にありがたいことだといえます。
また、こうしたソフトウェアは、バージョンアップで新しくなるたびに機能も向上しているので、可能性はさらに広がっていくことでしょう。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信