みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

クレジットカードは何枚持つのが良い?

time 2016/01/26

クレジットカード、複数持つ派?1枚だけ持つ派?

年会費永年無料のクレジットカードも、随分と種類が増えましたね。
中には、カードを作るだけでティッシュや洗剤をくれるだけでなく、
数千円分のポイントがもらえるものまであります。

いきつけのスーパーに、ガソリンスタンド、
楽天にTポイントカードに・・・と、
気が付いたらすごい数のクレジットカードが!という人もいるのでは?

クレジットカード

そこで、ふと思ったのが
「クレジットカードは複数枚持って使い分けしたほうが良いのか、
それともメインで使うクレジットカードだけにまとめたほうが良いのか?」
ということです。

今日はそれぞれのメリット、デメリットを見ていきたいと思います。

クレジットカードを複数枚持つメリットとデメリット

まず、複数持つ場合です。
年会費無料のクレカは、たいていの場合ショップのクレカになりますので、
そのショップでの買い物が多いという人が作ります。
メリットとして、他のクレカを使うよりも、そのショップのクレカを使って、
そのショップで買い物をするとポイントがたくさんたまったり、
何かしらの還元が受けられる場合が多いです。

カードローン

ですので、しょっちゅう使うショップに関しては、それぞれ作っておいても良いかもしれません。
また、クレジット機能を使わなくても、提示するだけでおポイントが貯まったり、特典が受けられるタイプのクレカもあります。(Tポイントカードなど)
ちりも積もれば、で得をしたい方にはオススメの持ち方です。

デメリットとして、クレジットカードの与信枠というのは、
その人個人の与信枠を、それぞれのクレカで分けている状態です。
つまり、クレカを作れば作るほど、1枚に対する与信限度は低くなる傾向にあります。
ですので、大きな買い物をしたいときに枠が足りない、なんていうことも。

クレジットカードはその人の「信用」ですので、もし使っていないクレカがあれば、
解約してしまったほうが良いでしょう。

<スポンサードリンク>

メインで使うクレジットカードのみに絞るメリットとデメリット

長年愛用しているクレカにまとめておくと、もちろんそれだけ信用も積み重なり、
与信枠が増える可能性もあります。
また、様々なクレカを駆使してそれぞれのポイントを貯めようとしても、どれもあまり貯まらないまま、ポイントが失効してしまう場合も。
それなら、還元率が低くても、常に同じカードで決済しておくほうが、1種類のポイントにまとめてじっくりと貯めることができます。

デメリットとして、盗難・紛失・また使いたいお店でそのクレアのブランドが使用できない場合、非常に不便です。
特にアメックスなどはオンライン決済で使えない場合もありますので注意が必要です。

快適なクレカライフを送るためには

還元率や限度額、締日などを管理できるだけの枚数で、なおかつブランドを選ぶ際はなるべく別のものを選択しておくと、いざクレカが使えないという場合にほかのカードで対応がしやすいですね。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信