みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

債務整理で失敗しない弁護士選び

time 2016/01/13

債務整理は弁護士に依頼するのがおすすめです。
司法書士に依頼することも可能ですが、
自分で申請などを手続きを行わなければならないなど、
司法書士は制限があります。
法律関係の仕事に従事していない人は、債務整理に慣れていないので
経験を積んでおり、手続きも代理でしてくれる弁護士を選ぶのが良いです。

弁護士

債務整理での弁護士の選び方

弁護士の選び方ですが、まず債務整理に関する知識が豊富である必要があります。
職業上取り扱っている分野はたくさんあります。
一人で全ての分野に精通することは難しいので、
借金問題の専門的な知識を持っていることが大前提です。

債務整理の種類

多くの人が行う借金に住宅ローンがあります。
裁判所に申請が承認された後では
住宅ローンが組みにくいことは有名ですが、
申請する前に組んだ住宅ローンに関して相談が多いです。
多くの人が全ての財産を失うと考えているので、
家にも住めなくなると抵抗を感じますが、
それは自己破産に限ります。
個人再生や任意整理では、住宅ローンの返済額を減らすことはできませんが、
そのまま契約を継続できるので、家に住み続けることができます。
契約内容を変更して、支払い期限を延長するなど、
ローンを無理なく返済できるように対処してもらえます。
借金問題にあまり詳しくないと、自分はどの方法で
借金を整理して良いかも適切に判断してもらえません。
住宅ローンを返済する能力がある場合に、自己破産を勧められれば、
裁判所から承認されなかったり、財産を余計に失ったりする恐れがあります。

<スポンサードリンク>

債務整理の手順

よってまずはWEBサイトやCMなどを通して、
どれくらいの実績があるかを確認します。
また経験が豊富であることも重要なので、
所属する法律事務所は規模が大きい方が良いです。

こんな弁護士事務所がお勧めです

大規模な法律事務所は、多くの依頼が集まるのでノウハウを培うことができます。
小さな法律事務所では、人手が足りなくて
相談すら後回しにされることもあります。
規模が大きいということは、それだけ依頼を成功させて
順調に運営できていることでもあるので、高い実績を持つ傾向があります。
そして費用面です。借金の返済に困っているのに、
弁護士に渡す報酬金が高すぎると、今後の生活を立て直すことが困難になります。
事務所の多くが初回は無料で相談を受け付けており、中には着手金も不要としています。
少なくとも着手金や報酬金は分割で支払うことを可能としている事務所に相談します。
費用は決して安くはありませんが、突然費用を追加されないように、
WEBサイトの費用欄や初回相談時に、明確に費用を提示するかが大切です。

さらに弁護士は近くの地域で働いているのが良いです。
債務整理に関する相談は、直接依頼人と合って契約しなければなりません。
電話や郵送をしても、後日事務所に来るようにお願いされます。
相談会では他の地域で活動している弁護士が訪れることもありますが
相談会が終われば、債務整理が最後まで行われるか分かりません。
自分の住んでいる地域で、交通アクセスが良い場所に拠点があると便利です。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください