みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

介護保険ならJA共済

time 2015/11/27

介護保険の加入、どうする?

介護と聞くと、認知症で何も自分で判断できなくなってしまったお年寄りとか、
高齢者となって体の具合が悪くなって生活全般が不自由になった状態など、
やはり年齢的なものを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

しかし、介護が必要となるのは、何も高齢者に限ったことではありません。

たとえば、認知症の場合であれば、若年性アルツハイマー型認知症ということも考えられます。
今までの保険はどちらかといえば、どうしても死亡保険や、
疾病・傷害保険、年金保険といったものが多く、急な介護が必要となった場合のことは、
なかなか前もって保険などでの手当を考えることが難しい状況でした。
けれども、一家族自体の人数が減ってしまったり、独居人口が増えている現状などを考えると、
公的年金制度ばかりを頼ってもいられないと考える方が増えるのも無理ないことかもしれません。
そのように介護認定を受けられても、年齢などの問題で受けられない状況であっても、
役に立つのが介護保険だといえるのです。

JA共済の介護保険のしくみ

JA共済の介護保険は、通常はJA(農協)の組合員や家族のみが加入できる保険ですが、
法律などで定める要件を満たしていれば共済金の支払い後に組合員になれたり、
一般の方でもJAの活動などの賛同者は同じく共済金で准組合員となれたり、
また組合員にならなくても加入できる場合があります。

JA共済の介護保険の特徴

JA共済の介護保険の特徴は、一般の保険会社の保険と違って営利を目的としていないことです。
従って、共済という言葉の通り、共済金を積み立てている組合員が
お互いに協力して助け合うことも目的として、介護共済金も存在しているのです。

<スポンサードリンク>

JA共済の介護保険を選ぶメリット

介護

また、JA共済の介護保険は、公的年金制度と同じように40歳からの加入が可能となっていますが、
公的年金制度の場合は、40歳から64歳までの第2号被保険者は65歳以上の第1号被保険者と違って、
介護保険の利用に大きな制限がありますが、JA共済の介護保険にはその制限自体が大幅に改善されています。
公的年金制度の場合は、どうしても対象者が幅広くなってしまうので、
年齢的な制限を厳しくしないと同じ営利を目的としないとはいえ、経営存続が難しいのですが、
JA共済の場合は、組合員同士の自助協力を基盤にしていますので、年令による差別化はありません。

備えるべき介護は年齢に伴うものだけではない

年令による差別化がないということは、介護の目的が老齢などの問題に起因しなくても、
その実態によって介護が必要だと判断されれば、共済金の支払いが可能だということです。
そうして現実に即した介護を目的としているのが、JA共済の介護のための保険だといえるのです。
組合員同士の助け合いから考えられている保険は、本当に困ったときに助けてもらえるので、
非常に使い勝手の良い保険なのではないでしょうか。

今まで組合員でなかった一般の方でも、このように条件の良い保険に加入をしたいと考えているのであれば、
一度窓口で相談して見るもの良いのではないでしょうか。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信