みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

話題の仮想通貨投資

time 2015/11/10

仮想通貨投資ってどんなもの?

投資といえば金融商品や実物商品などに将来の値上がりや収益性を見込んで資金を投入するというものです。
金融商品でスタンダードなものといえば、国債、株式でしたが、近年はFX取引(外国為替証拠金取引)など外国通貨を取引することも活発に行なわれています。

チャート

その通貨取引のひとつとして話題なのが仮想通貨です。
通常、通貨はその国の中央銀行が発行するものであり、中央銀行および国が、その価値の保証を行っているものになります。このため国力によってその価値が変わってくることになります。
一方で仮想通貨の場合には、特定の国家による価値の保証を持たない通貨のことで、主にインターネット上で流通している通貨になります。

電子マネーの一種とも言えるものですが、電子マネーの場合には発行している会社がその価値を保証しているため商品券のような扱いになり、また多くの場合には貨幣に交換することが出来ませんし、また価値もその国の通貨が適用されています。

仮想通貨の仕組み

しかし、仮想通貨と呼ばれるものは会社が発行するのではなく暗号通貨と呼ばれる仕組みで、その暗号(キー)が価値を有するものになります。
このため現実世界の通貨とは価値が連動しておらず、各国にある購入・販売所などから購入することが可能で、またさまざまな通貨に換金することもできます。
また暗号通貨は発行枚数が決まっており購入者が多ければ多いほど仮想通貨の価値が上がっていく仕組みとなっています。
このため仮想通貨に対して現実世界の通貨にはレートが存在しており、このレート差を利用して投資を行うことが可能です。

<スポンサードリンク>

仮想通貨の種類

仮想通貨の代表的なものとしては、リップル、モナコイン、ビットコインなどがあります。

ビットコインとは

仮想通貨

特にビットコインはマスコミを騒がし話題になった仮想通貨として広く知られています。
ビットコインはもっとも古参であり2009年の1月3日から運用が開始された暗号通貨になりますが、古参であるためセキュリティー面ではやや不安のあるものといえますが、現在でも仮想通貨の代表的な存在として知られます。
一方でリップルは、ビットコインの欠点を補ったもので、決済時間や送金到着時間、セキュリティーが強化されたもので2013年から運用がスタートしています。

ここ最近では中国の人たちの爆買い(一部の推測)
によってビットコインの価値が一時的に一気に上がりました。
現在はその反動で下がり、変動もゆるやかになっていますが、(2015.11.10時点)
それだけ世界中で注目されている仮想通貨であるのです。

モナコインとは

このビットコインもリップルも外国で誕生した仮想通貨になりますが、国産の仮想通貨としてはモナコインがあります。
モナコインは日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるで誕生したもので、2014年から運用が開始されているものです。
モナコインはもっとも新しい仮想通貨であり、また日本で発祥のものであるため、ビットコインやリップルと比べると知名度は低いものになります。

まとめ

いずれにしても投資として見る場合には流通している金額が多いことがポイントになります。
なお、仮想通貨を購入する場合には、取引所などを通じて購入することになりますが、多くの場合には仮想通貨を用いて購入することも可能です。
一方で現金に交換する場合には取引所を通じて行う必要があります。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信