みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

太陽光発電のメリット デメリット

time 2015/10/24

太陽光発電を検討しているなら、まず読んでみて下さい

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを電力に変えることで、太陽電池を利用して直接的に電力に変換発電方法を言います。
原子力発電の問題から引き起こされる電力不足を解消するため、近年では休耕地や大手企業や工場などの敷地や屋根を利用して発電システムを設置するところが増えてきました。
また、住宅への導入も多くなり最近の住宅には標準装備されるなど、様々な場所で太陽光エネルギーを利用した発電が行われています。

太陽光発電

太陽光発電のメリットとは

太陽光発電のメリットとして、太陽が出ている時間帯はフルタイムで自家発電することができ、家庭の電気はその発電した電気を利用することができ、足りない分のみを電力会社から買う形となるので、電気代の節約につながります。
逆に電気が余った場合には、電力会社へ自家発電した電気を売電できるシステム(余剰買取制度)となっており、その売電価格も高めに設定されています。
このようなシステムが整っており、家庭では現時点での自家発電量や、家庭での電気使用量などがモニターで確認できるようになっているので、節電意識の向上につながります。

Unicode

また、他の発電方法とは異なり、太陽の光エネルギーを利用するためエネルギー資源が不足するようなことがなく、無限大であるということです。
また発電に伴う廃棄物なども出ることもなく環境にも配慮されている、クリーンエネルギーであることも、太陽光発電の大きな特徴でありメリットでもあります。
現在、日本の電力のほとんどを原子力に頼っていますが、原子力発電の場合は発電後に放射性廃棄物が出てしまいます。
この放射性廃棄物の処理方法が深刻な問題となっているもの事実であり、廃棄場所をめぐって激しい議論になることもしばしばです。
しかし、太陽光エネルギーを使った発電では、こうした発電による廃棄物などが出ることもなく安全性にも優れているのです。

<スポンサードリンク>

太陽光発電のデメリットとは

デメリットとしては、設置するための初期費用が高額であるという点があります。
太陽光パネルの設置数やメーカーなどによっても価格に違いがありますが、それでも数百万円はしてしまいます。
2014年3月までは、国の地球温暖化防止や環境エネルギー促進対策の一環として、このような発電システムを導入すると補助金が受けられましたが、2014年4月以降ではそれが打ち切りとなってしまうこともデメリットの一つです。

また売電する電力の容量によって買い取り制度が異なっており、設置容量が10kw以下か以上であるかで決まり、10kw以下の場合は「余剰買取制度」を選択でき、10kw以上の場合は余剰買取制度と「全量買取制度」を選択することができます。
このような制度を「固定価格買取制度」と言います。一般住宅の場合は10kw以下であるため、余剰買取制度のみとなります。

固定価格買取制度の余剰買取において、買取は無期限ではなく期間が決まっており、2015年4月の段階では買取期間は10年で売電価格は税込33円(出力制御装置ナシ)と、税込35円(出力制御装置アリ)となっています。
この価格は実は毎年引き下げられているというデメリットがあるため、固定価格買取制度の下では早期導入の方がお得となります。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信