みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

Windows Updateが必要な理由

time 2015/09/11

立ち上げっぱなしのそのPC、
アップデートできていますか?

しばらくパソコンを立ち上げたままにしていた場合、
アップデートがたまっていて再起動がかかってしまった、
という経験はありませんか?

作業が中断する上に、保存していなかった内容が消えてしまったり、
なかなか厄介に感じることも多いですよね。
そもそもWindows Updateは何のために存在しているのでしょうか。

Windowsをアップデートする理由

Windows Updateは
Windowsシリーズのシステムプログラムを部分的にアップデートすることによって、
最新の状態を保つために用いられる技術で、
強制的ではありませんが可能な限り
新しい配布プログラムを導入しておく選択が推奨されます。

その理由として、Windows Updateではインターネットを通して
システムの弱点となるセキュリティホール及びOS機能の不具合などを改善でき、
ウイルスの感染や不正アクセスといったトラブルを事前に防ぐと同時に、
アップデートの内容次第では動作効率自体を向上させる結果へと繋がっていきます。

<スポンサードリンク>

OSは発売された直後の状態における不具合や脆弱性が多い傾向となっており、
日数の経過と共に少しずつ改善が加えられることで
快適な環境の完成に近づいていくため、
特にインストール直後のOSはWindows Updateを利用して
システムを新しい状態に保つことが最も重要です。

原則としてWindowsの修正パッチは
サポートが終了するまでの間のみ提供される無償サービスであり、
サポート終了を迎えた段階でそのバージョンのOSは
新しいプログラムが開発・提供されなくなることから、
ナンバリングの古いものは使用せず
別途新規OSのライセンスを用意する必要性が生じてきます。

発見されたセキュリティホールをそのままにしておいた場合、
インターネット利用時はウイルスへ感染しやすくなるだけでなく
不正アクセスに対して弱い状態が続くので、長期間放置する選択は非常に危険です。

これらのセキュリティ確保はセキュリティソフトや
ファイアーウォール機能付きルーターを別途導入することでも実現できますが、
Windows Updateによるセキュリティ問題の修正も合わせて実施しておくと
更に安心して端末を運用できるでしょう。

基本的にアップデートを行う直前にはシステムの復元機能が自動で動作し、
万が一の不具合発生時に備えて元へ戻せるような配慮が行われるため、
比較的安心して更新を実行できます。

不具合は皆無とは言い切れません

しかし、極稀に修正パッチへ不具合が発見されるパターンも存在し、
Windows Update直後の端末が不安定な状態に陥る可能性も考慮しておき、
大切なデータは別の媒体へバックアップすることが大切といえます。

また、Windows Updateは
自動でインストールする設定と手動で実行する2パターンに対応しており、
自動インストール設定では最新のプログラムをすぐに導入できるメリットを持つ一方で、
不具合が生じた際の対処はやや困難となるほか、
インストール中は端末と回線への負担が大きくなるため、
負荷の大きいアプリケーションを実行している時間帯に被ってしまうと
運用へ支障をきたす可能性が考えられます。

よって、インストール設定自体は推奨されていない手動側に設定しておき、
更新プログラムの通知機能を利用するなどして
アップデートできるかを定期的に確認し、
任意のタイミングで導入する選択がおすすめとなります。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信