みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

iPhone6にはなかったiphone7の魅力とは

time 2015/09/05

iphone7はiphone6sの次に登場すると予想されています。
iphoneは毎年1度のOSのバージョンアップとハードウエアのバージョンアップが行わえてきています。
もともとは不定期なアップデートが多かったのですが、WWDCなどアップル関連のイベントでOSなどのソフトウエアを発表し、数ヶ月ベータテストを行ってハードウエアの公開と共にOSも公開することが増えています。
iphone6sにおいても6月にOSを発表し、9月に本体の発表と予約開始が予定されています。

iPhone7

iphoneは世代を超えて使いやすさを追求しています。
スマートフォンの使いやすさは人によって捉え方が違いますが、iphoneの場合はどの世代のiphoneやOS出会っても一貫してアップルというブランドを活かしています。
そのため、古い機種からiphone7などの新しい機種に移ってもすぐに使いこなせると言われており、長く使えるブランドとしても好評です。

iphone7で求められる機能はさまざまありますが、ハードウエア的な進歩についてはカメラとディスプレイが注目されています。
カメラに求められていることに自撮りするための機能とより綺麗に撮影したいというものがあります。
iphoneのカメラはフロントもバックカメラも年々向上していますが、年に1度のバージョンアップということもありアンドロイドに比べて画素数で劣ることも多いです。
しかし、iphoneの良いところはハードウエア以上にソフトウエアとも言われています。
ハードウエアで多少劣っていても撮影した画像の味付けやカメラの使い勝手の良さはandroidにはないと言われています。
今後はハードウエアにも力を入れつつ、これまでに好評だった使い勝手や画像の味付けをさらに進化させることが期待されています。

<スポンサードリンク>

また、動画についても4k撮影が重要性を増しているのでハードウエアの進歩を進めて対応させてほしいものです。
ディスプレイについてはアンドロイドに先駆けてレティナディスプレイと呼ばれる画素数の多い液晶をiphone4から採用していますが、iphone7ではさらにレティナを進めてより鮮明な画像を映し出すことが求められています。
iphone6Plusでは5.5インチ化されましたが、HDの表示までとなっており、iphone7では4Kを扱えるようにして欲しいという要望も多いようです。

また、ディスプレイに関係して3D表示機能をより進めることも期待されています。
iphoneはCPUの他にGPUと呼ばれる3D表現を助けるチップをiphone5から本格的に搭載してきていますが、iphone7ではこのチップをより高速化することでPCにも負けない3D表現を実現し、よりリアルなゲーム体験をしたいという意見が多いです。

iphoneはアップルが育て上げてきたブランドであり、他者には真似の出来ない持つことの喜びを与えてくれるスマートフォンであり、ブランドと使い勝手の良さを守りながら進化させることが期待されています。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信