みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

住宅ローンの金利、どこがお得?

time 2015/08/11

住宅ローンは最も大きな借入になるという方が多いものであり、金利設定も少し違うだけでも支払い総額には大きな差が出ますし、出来るだけ好条件の住宅ローン 金利の業者でローンを組みたいものです。

借金を行う時には様々な業者に申し込みを行う事が出来ますが、大きな融資枠を持っていて低金利と言えば大手銀行という事になり、大手銀行は審査に厳しい傾向にありますが、審査クリア出来た時には住宅ローン金利を有利な設定で組む事が出来る可能性が高いです。

住宅ローン

各銀行によって細部の審査クリア条件には違いがありますが、こういった審査では返済能力を問われる事になるのは共通点であり、大手銀行の住宅ローン金利が好条件のサービスを受ける為の審査では、年齢、職業、収入や在籍年数、借金履歴等を複合して決定される事になります。

貸したお金は返済出来なければいけないですし、業者側としても貸し倒れリスクのある方に大きな融資を行う事には抵抗があり、ましてや好条件の金利設定で大きな融資はリスクがありますから、住宅ローン審査は他のローンと比べても細かくチェックされる傾向にあります。

<スポンサードリンク>

現在の収入が高くても、過去の借金歴に問題があればそれがきっかけで審査落ちする事もありますし、業者によっては消費者金融のキャッシングカードを持っているだけでも不利に働く事になり、現在すでに借金件数が多かったり、完済出来ていない借金を抱えている事も不利に働く可能性が高いです。

普段から借金は行わずに生活しておくと良いですし、借金をした場合は延滞や滞納は行わないようにする事や、現状抱えている借金は全て清算した上で申し込みを行うようにしましょう。

どこの銀行を選択するかという問題もありますが、住宅ローンでは変動金利か固定金利かという部分で悩む方も多いです。

この選択次第で有利かどうかにかなりの違いがあり、どこの銀行を選ぶか以上に悩むものですが、どちらを選択すれば良いかという答えは明確には出難いものであり、変動金利の場合には将来的に支払う全ての返済額を事前に計算する事は無理ですし、結局将来の金利変動に関しては推測以外出来ないものです。

プロの目線で将来の金利はこうなるという推測はその地点では参考になっても、市場や世界のバランスは日々変わるものですし、予想外の動きを見せる事は多々ありますし、返済が長期化する住宅ローンでは変動金利の予想は無理と考えても良いです。

全期間の固定金利の場合はいくら支払うのかを計算出来ますが、変動金利に関しては将来的にどれだけ支払うか不透明ですから、どちらが得になるかという質問があっても明確な答えは無いです。

大抵の業者は変動金利で勧めてくる事になりますが、住宅ローンで借金を行う側から見ると、変動金利は借りる側がリスクを背負う可能性が高く、固定金利の場合は貸す側が金利変動に関するリスクを背負う事になります。
特徴を踏まえて決断をするのは個人によって行う以外無いです。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信