みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

ヨドバシカメラの魅力大解剖!

time 2015/07/25

ヨドバシカメラは現在国内22店舗で営業しています。外国人観光客も多く訪れるため、店内では英語以外に中国語やドイツ語など様々な言語を話すことができるスタッフが常駐しています。店内入口にはインフォメーションカウンターがあり、そこで呼び出しをしてもらうことが可能です。外国人観光客にとっても自国言語が通じるため魅力ある店舗となっています。
また、ヨドバシカメラは関西の店舗のようになかなか値引き交渉には応じてもらえないと誤解されていますが、買う方法によってはかなり最安値でものを購入できる可能性が高い会社です。その方法とはネット価格に対応しているということです。すべての店舗に対応しているわけではありませんが、大手の家電量販店にはほぼ対応してもらえます。ご存知の通り、店舗経営であれば、家賃などの諸経費が上乗せされるため、在庫があればすぐに持ち帰ることができますがその分値段が高く設定されています。インターネットショップは価格は安いですが配達までに時間がかかります。この両方の利点をとっているのがヨドバシカメラです。

ヨドバシカメラ

まず、商品を購入する前にインターネットの価格を調べて店員にこの価格に対応できますかと聞いてみてください。ほとんどの場合には大手量販店の価格であれば値引きしてもらうことが可能です。商品にもよりますが、店舗価格よりも数千円程度値引きしてもらえる可能性とあります。もちろん諸条件が同じになるため、ポイントが付かないなど少し我慢しないといけないこともあります。
次にヨドバシカメラの魅力はアメリカドルを支払いに普通に使うことができます。一部使うことができない商品もあるためその点は注意が必要です。昨今では円安がかなり進みました。自宅にアメリカドルを持っている方は利用しても良いのではないでしょうか。昔は外為法があったため日本国内では円での決済しか認められていませんでしたが、現在は受け取り側が了承すれば外貨での決済も可能です。

<スポンサードリンク>

円高の時に上手にアメリカドルを買い円安の時に利用するとお得に商品を購入することもできます。
最後にヨドバシカメラが発行するクレジットカードや株主優待券を持っている方であればあまり問題がありませんが、その他の現金以外の方法ではポイントが減額されてしまいます。その時には、金融機関が発行するキャッシュカードのデビット機能を利用してください。すると現金を持ち歩くことなくポイントの減額もされません。また、たとえポイントが減額されたとしても安く購入したい方はクレジットカード会社が発行するギフト券も多くの種類を使うことができます。チケットショップなど安く購入すると高価な商品を購入する時にはかなり減額して購入することができます。このようにヨドバシカメラは他の店舗にはない利点がたくさんあります。また使い方によってお得に買い物ができますからたいへん魅力ある会社といえるのではないでしょうか。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信