みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

一生に一度は見ておきたい映画ランキング

time 2015/07/24

近年では小規模な映画館から大規模なものまで、またはショッピングモール併設の映画館など、日常のあらゆる場所に、簡単にアクセスできるような場所に映画館というものがあり、敷居もそれほど高くなく、利用できる娯楽施設として私達の生活に馴染んでいるものと感じるかたも多いことでしょう。また個人でのDVDプレイヤーの所有率やパソコン所有率が格段に上がったことや、レンタルビデオ、DVDショップの普及率も上がったことで映画館でみなくても、気軽にお手軽に「映画」を見ることが出来る機会が増えました。
そんな多くの人が身近に映画を見れるようになった現在、一生に一度は見ておきたい映画ランキングというのもそれぞれ個々にあることでしょう。

映画ランキング

月間で映画ランキングを発表している雑誌やテレビ番組等もありますが、必ずしも自分の好きな映画のランキングと一致するわけではありません。ただ、これほど多くの人が気軽に映画に触れるチャンスがある中で、多くの人の意見・指示を集めて人気がある、とするのであればそのランキングももちろん、一見の価値有り、という評価を下すのは間違ってはいないと言えるでしょう。
どういった映画がランキングに入るのかというと、その時代や時勢、さらには世界情勢なんかが影響する場合もあります。

映画

また、昔のリバイバルや、別の国・監督、で一度上映されたものが別の国・監督によってリメイクさたもの、大女優、人気のある俳優が出演するもの、豪華共演陣によって話題になり、ランキングに登場したりする場合もあるでしょう。
映画ランキングと称して発表される場合には興行収入を元に全国で何人、何万人の人がその映画を観賞したか、などを総合してランキング発表になる場合がほとんどですが、もちろん映画館で上映された後にDVD化されそれがまた売れるとなると、本当の意味でのランキングはまた別にあるとも言えるでしょう。
「世界中の人が涙した」や「共感に共感を呼ぶ大ヒット」と銘打たれた上位ランキング作品のものでも、自分が感動しなかったり、また感動ものはどうも苦手だ、という人にとっては個人映画ランキングには上ってこない場合もあるでしょう。
アクション大作や、戦闘ものも、大好きな人にとっては「あの迫力がたまらない」となるのでしょうが、「あまりドンパチするのは好きではない」人にとっては大作、どころか嫌煙対象にもなりかねません。
また戦争ものは涙をさそう、などとも言われがちですが、そもそも戦争そのものが現実感がないわけではないが、なんとなく見たくないという声もあります。
とはいうものの、映画を創ることになった背景にはそれぞれ監督の「こんなことを伝えたい」「観る人々を感動させたい」などの思惑があり、それをより多くの人々がしっかりと受け取ったときに、各個人個人の「一緒に一度は見ておきたい映画ランキング」にカウントされるわけなので、自分の趣味ではない映画のジャンルでも、新しい扉を開けると思い、「見てみる」といのは試してみる価値があるかもしれません。


感動の名作映画DVD 23枚セット

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信