みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

EGOISTの華麗なる歴史

time 2015/07/14

EGOISTという名前を初めて聞いた時は、かなりインパクトがあった方が多かったのでは無いでしょうか。
渋谷109を拠点にしてハブ展開しているブランドですから、直ぐに渋谷というイメージが出てくるという方も多いのでしょう。
EGOISTの、歴史を紐解けば、1990年代に爆発的に人気の出たメーカーです。
開業当初は、10代後半から20代前半の若い女性が着るメーカーといったイメージでした。
それが今はというと、落ち着いたシックな服が多いメーカーに変化しています。
若い頃に、EGOISTを着て青春時代を過ごした方々と共に成長して行ったのでしょう。
30代半ばの女性でも、通勤に使えるというラインナップが多くなっているのが特徴です。

EGOIST

さて、EGOISTのサイトを見て分かる事は色とりどりの展開でなく、比較的落ち着いたワードローブに加えやすい色が多い事です。
名前を聞くとファッションに敏感で、スマートな女性向きなのかと勘違いしがちです。
しかし、実際はスマート雰囲気を持つ大人が着やすいデザインが多くなっています。
なかにはビビットな色展開の服もあり、メーカーとして少しずつ時代に剃って転換して行く力もある期待の出来るメーカーなのです。

EGOISTが生み出したトレンド

もう一つ、EGOISTの特徴を書いてみるとすれば。
カリスマ店員が多く誕生しているという事です。
昨今流行になっているカリスマ店員は、ここから生まれました。例を挙げてみれば、森本容子さん、彼女はmoussy(マウジー)を創設し、その後カリアング(KariAng)のデザイナーとしても未だ活躍中です。
そして、中根麗子さん。
彼女は、rienda(リエンダ)を展開しています。
こうして、カリスマ店員として勤め先の知名度UPに貢献した後、自らのブランドを立ち上げるだけの力があるカリスマ店員を生み出しているのです。
また、話題作りが上手いメーカーですから、たびたび話題になります。
例えば、こんなエピソードを聞くと「あの時の」と思い出される方もおられるでしょう。
少し前になりますが、渋谷のガールズコレクションにベッキーをゲストとして招き、オレンジの目が覚めるようなワンピースで、ランウェイをウォーキングして貰った事をご記憶の方も多いでしょう。
巷でもかなり話題になりました。

EGOISTをオススメしたい層

メーカー名は記憶に無くとても、あの鮮やかな色合いに目を奪われた事で記憶に残っている方も多いでしょう。
話題を先取りするメーカーと聞けば、お高いのでは無いかと感じる物です。
しかし、一度店舗を覗いて見ると決してお高い物では無い事に驚く筈です。
一般的なデパートの洋服売り場と比べても、少し安いかなと程度の価格設定になっています。
また、身につけた人をハンサムな女性に変えてしまうデザインに心引かれるはずです。
洋服のカットにも工夫をされている物が多く、着やせするのも特徴です。
そろそろ可愛いから、格好いい女性に変身したいと思っている20代、そろそろ自分のスタイルを確立したい30代女性にお勧めのメーカーの1つです。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信