みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

chloeの魅力とファッションの歴史

time 2015/07/11

日本人は無類のブランド好きな民族であると言えます。
なかでも海外ブランドに目がない人が非常に多い傾向にあります。
ブランド品を持っていたり、袖を通すだけで至福を感じる人も少なくありません。
なぜここまで日本人が海外ブランドを愛するのか。

日本のファッションに関する歴史

chloe

それは西洋の洋服文化に対するコンプレックスのあらわれだと解釈することもできます。
戦前の日本といえば、洋服文化はまだ浅く、着物の文化が非常に根強い傾向にありました。
日本人の洋装化が本格的になってまだ70年前後と非常に歴史は浅く、西洋には到底勝てない状態です。
洋服文化が浅い日本では、自分の装いやファッションセンスに自信がない人が非常に多い傾向にあります。
こうした日本人は洋服文化の本場であるアメリカやフランス、イタリアに非常に憧憬の念を抱く傾向にあります。
そのためイタリアやフランスを発祥とするブランドや老舗メゾンが作る洋服やバッグに目がなく、それさえ身につければおしゃれになれるのではないかと言う錯覚を抱いてしまいます。

ファッション

確かにファッションの本場であるフランスやイタリアのブランドファッションは洗練されていて、デザイン性に富み、日本のアパレルと違ってどこか垢抜けた印象をもちます。

西洋と日本のファッションに関する違い

それは洋服の裁断、カッティング、パターンや縫製に違いがあるからです。
日本人は長い間着物文化で過ごし、着物に代表される平面構造のデザインを得意とします。
一方西洋では何百年と言う洋服文化があるために、立体構造のデザインを得意とし、どうすれば女性の体の曲線美を際立たせることができるかを考えてデザインやカッティングが施されます。根本的な装いの歴史や感性が違うために、同じ洋服でもイタリアやフランスのブランド服の方がおしゃれに綺麗に見えます。

大人の女性に人気のchloe

chloe

イタリアやフランスには女性のボディラインを強調し、美しく見せることに長けた老舗メゾンやブランドがたくさんあります。
なかでも最近注目されるのがchloe(クロエ)というブランドです。
フェミニン、セクシー、エレガント、品性といった形容詞を全て兼ね備えたブランドであり、女性を美しく演出するのに長けたブランドと言えます。chloeは全般的に淡いパステルカラーに傾倒しています。

クロエ

そのため女性の柔らかさ、優しさ、優雅さなどを演出するのに最適なブランドであると言えます。
どこかディオールのエレガンスを感じさせながらも、現代のキャリアウーマン的な要素も兼ね備え、エレガントでありながら機能性にも優れています。
そのためお出かけやデートの時に限らず、ビジネスシーンでもマッチするようなワンピースやジャケット、パンツルックなども数多く販売されています。
chloeはいわゆるスーパーブランドとされるシャネルやヴィトン、グッチなどのように個性あるブランドロゴや強調されるエンブレムが存在しません。
そのため肩肘張らず、さらりと良質なものを品良く着こなし、洗練された女性を目指したいと言う女性にchloeは非常におすすめなブランドと言えます。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信