みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

イルビゾンテの魅力

time 2015/07/09

イルビゾンテ(IL BISONTE)は、そのロゴマークがとても有名で、一見覚えにくいブランド名であるにも関わらず、多くの人々の憧れにもなっていることでしょう。
そのロゴマークの可愛さだけでなく、イルビゾンテの魅力は、革の美しさとデザインの良さにあるといえます。
デザインは、シンプルで長く使うことができるような、時代に左右されない魅力を持っています。そして、革の特長を最大限に引き出しているデザインであるともいえるでしょう。

 IL BISONTE

滑らかな質感の革の場合には、バッグであっても滑らかさを活かしたものになっています。
使う人にとっても、愛着のわく、長い間のお気に入りと思うことができるような質感とデザインを大切にしているのでしょう。
このような皮革製品を長持ちさせるためには、日ごろのお手入れが欠かせないのですが、イルビゾンテの製品は、デザインがシンプルなので、お手入れもしやすいですし、その効果を実感しやすいともいえるので、お手入れしながら大切に使っていく楽しみを味わうことができるともいえます。

しかし、このように高品質の皮革で作られているために、イルビゾンテの製品は、どうしても高額になりがちです。ですから、なかなか手軽に購入するわけにも行かない場合もあることでしょう。
そのような場合でも、比較的手ごろな価格で購入することが可能な、キャンバス地などを使用した製品も登場しているので、そちらも人気が出ているようです。

全てを布にするわけではなく、一部に皮革を使用することで、このブランドのイメージを損なわない、味わいの深いデザインに仕上がっていますし、皮革では実現することが難しいような配色や大胆なデザインを取り入れることによって、これまでとは一味違う印象を多くの人に与えたことでしょう。
いずれにしても、このイルビゾンテというブランドの持つ、すばらしいセンスには違いがなく、どのような製品を購入したとしても、購入した人にとっては、お気に入りのアイテムになるに違いないでしょう。

イルビゾンテのムック本

さらに、このブランドが40周年の記念で出版した本には、付録として、布製のバックが付いていたのですが、この本の価格に対して、バックが秀逸すぎるということで、大人気になったようです。
現在では、この本自体は、古本として多数出品され続けているようですが、ほとんどの場合、バックの付録は付いておらず、付録付きのものは、オークションなどでも非常に高値で販売されているようです。
このようなことからみても、このイルビゾンテというブランドが、製品自体だけでなく、そのブランドの価値という面からみても、多くの人々を魅了しているということがいえるでしょう。
そのシンボルとなっているのが、独特のロゴマークであり、そのデザインの素晴らしさとセンスの良さが人々を惹きつけているのです。
ですから、ブランドにおいて、大切なのは、その製品の品質やデザインの素晴らしさであることと同様に、その魅力を象徴するロゴマークでもあるのでしょう。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信