みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

so netのサービスの魅力的なラインナップ

time 2015/07/09

so netてどんなプロバイダー?

so net

パソコンを保有すする家庭が一般的になった現在、どこかのインターネットプロバイダーと契約している家庭は多いでしょう。日本には数多くのインターネットプロバイダーが存在しますが、そんな中でも魅力的なインターネットプロバイダーの一つがso net(ソネット)です。
日本の大企業であるソニーの子会社である同社は日本トップクラスの規模を誇るサービスを提供しています。
so netと契約してパソコンをインターネットに接続する方法は、2つに大別することができます。
1つは、自宅でのインターネット利用を目的とした光ファイバーによるネットワークやADSL等です。
この方法には3つの契約方法が存在し、中でも大手携帯電話サービス提供事業者とのコラボで割安にインターネットを利用できるプランが提供されています。
中でも利用可能範囲は国内の一部の地域に限定されますが、世界最速の通信速度を誇るNURO光のような、他社よりも優れたサービスを提供しています。
2つ目は、主に家の外でノートパソコンをインターネットに接続するためのモバイルルーターを契約するタイプで、これにも目的に合わせて3つの契約プランが提供されています。

<スポンサードリンク>

so netのMVNOって?

しかし、so netの提供するサービスは単なるインターネットプロバイダー事業のみではなく、近年利用者の増えているMVNOという格安スマートフォン事業も存在します。
同社が以前から提供しているルーター契約のプラントは別に、いくつかのスマートフォンやタブレット端末を割安に契約することができます。

同社が提供しているLTE SIMカードと一定のスマートフォンと契約するセットプランであれば、多くのプランが月額利用料金3000円から5000円程度に設定されています。
もちろん、大手携帯電話事業者と比べると1か月の間に利用可能な通信量の上限は多少低く設定されていますが、スマートフォンのライトユーザーであれば十分すぎる上限設定で、通信料を大幅に削減することができる魅力があります。
タブレット端末のプランも同様で、人気端末を月額3000円程度で利用可能なプランが提供されており、高速LTEが利用できるため、快適なタブレット端末の利用ができます。
また、既にスマートフォンを使用している人は、SIMロックの解除をすることで、そのまま端末を利用し、so netの提供するSIMカードのみを契約するといったプランもあります。
毎月上限1.5GBが利用可能なライトプランであれば毎月2000円程度と非常に格安な契約内容で、上限が設定されたないデータフルプランであれば、月額4000円程度と、非常に格安でLTEが利用できます。
また、毎月通信量が不安定である人にはプリペイド式のSIMカードが提供され、必要に応じて随時追加チャージを行うことができます。そのため、損することなく通信料を節約することができるプランであると言えます。

この他、毎月の利用料金に応じてポイントが付与され、そのまま普段の利用料金の支払いに充てることができるソネットポイント等、数多くの特典が用意されている点もso netの魅力であると言えます。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信