みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

コーヒーのコンビニ定番化

time 2015/07/08

昼休みや仕事帰り、ちょっとした外出時などの休憩で一息つくにはぴったりのコーヒー、束の間の休息で気分的にもリフレッシュできてすっきりします。
以前ならば都市部に多い外資系の大型チェーン店でホットからアイスまで様々な種類の中から選んで楽しんでいましたが、景気の影響やファーストフード店からの挑戦もありお客は分散化、それに加えて国内の中規模チェーン店の全国展開で更に競争は激しくなる一方で消費者にとっては店と商品の選択肢が広がって楽しみが増えました。
そこへ参入したのが店舗数で圧倒的なコンビニエンスストア、価格の安さと手軽さ、そして研究された美味しさでまたたく間に人気の商品となりました、今ではコンビニ大手はどこも力を入れており、豆の種類や産地だけではなく焙煎方法、挽き方、保管方法、水質、ドリップ方法に至るまでのこだわりで他社との差別化を図ろうと躍起です。

コーヒー

その結果が反映されたのか、同じホットのレギュラーでも各社味が微妙に異なっているようで決まったコンビニでしか買わないという固定客もいます、実際のところ使う豆の品質については相当厳しく吟味されており、詳しい人にはその香りだけではっきりと違いが判るほど各社特色のあるものに仕上がっています。

<スポンサードリンク>

商才に長けたコンビニは単に飲み物を売るだけには留まりません、セットとして相性の良いドーナツの本格販売を全国に拡げました、この組み合わせは成功し今やカウンターメニューの定番となりました、昼休みなどオフィス街のコンビニでは順番待ちをしている人の列を見かけることもあります。
テーブルも椅子もないコンビニで買ったコーヒーなどで寛げるのかと言う人もいるようですが、腰掛けることだけが寛ぐ方法ではありません、しばしぼんやりと過ごすひとときに手にするコーヒーは寛ぐ理由であり目的でもあります、人はコーヒーを介して自分を癒やしているのだという考えかたもできるのです、それならば車の中であっても、持ち帰ったオフィスの席でも、はたまたコンビニの店外の喫煙所で立ったままにせよ寛げることに変わりはありません。

コンビニコーヒーのバリエーション

現在のところサイズとホットかアイス、ラテなどのフレーバー別のバリエーションがありますが、これから先は更に種類が増える可能性があります、既存のチェーン店などは安易な値引きはしないと明言しているところもあるようですが負けられないので何かしらの差別化を図ってくるのは間違いないでしょう。
熾烈さを増す業界の有り様はさながら戦争のようだと揶揄されることもありますが、この過熱ぶりはコーヒー豆の争奪戦に繋がっているようで、大手商社では海外の産地と専属契約を結ぶところもあり、増える需要に応えるべく消費者の意識せぬところで奔走する人たちも多いものです。
業界にしてみれば混沌とした状態であっても、消費者にしてみれば選択肢に恵まれた歓迎すべきことであり、忙しない毎日の息抜きとして美味しいコーヒーでほっと一息つければそれで良いのです。
昼休みや仕事帰り、ちょっとした外出時などの休憩で一息つくにはぴったりのコーヒー、束の間の休息で気分的にもリフレッシュできてすっきりします。
以前ならば都市部に多い外資系の大型チェーン店でホットからアイスまで様々な種類の中から選んで楽しんでいましたが、景気の影響やファーストフード店からの挑戦もありお客は分散化、それに加えて国内の中規模チェーン店の全国展開で更に競争は激しくなる一方で消費者にとっては店と商品の選択肢が広がって楽しみが増えました。

コンビニコーヒーの競争力

そこへ参入したのが店舗数で圧倒的なコンビニエンスストア、価格の安さと手軽さ、そして研究された美味しさでまたたく間に人気の商品となりました、今ではコンビニ大手はどこも力を入れており、豆の種類や産地だけではなく焙煎方法、挽き方、保管方法、水質、ドリップ方法に至るまでのこだわりで他社との差別化を図ろうと躍起です。
その結果が反映されたのか、同じホットのレギュラーでも各社味が微妙に異なっているようで決まったコンビニでしか買わないという固定客もいます、実際のところ使う豆の品質については相当厳しく吟味されており、詳しい人にはその香りだけではっきりと違いが判るほど各社特色のあるものに仕上がっています。
商才に長けたコンビニは単に飲み物を売るだけには留まりません、セットとして相性の良いドーナツの本格販売を全国に拡げました、この組み合わせは成功し今やカウンターメニューの定番となりました、昼休みなどオフィス街のコンビニでは順番待ちをしている人の列を見かけることもあります。
熾烈さを増す業界の有り様はさながら戦争のようだと揶揄されることもありますが、この過熱ぶりはコーヒー豆の争奪戦に繋がっているようで、大手商社では海外の産地と専属契約を結ぶところもあり、増える需要に応えるべく消費者の意識せぬところで奔走する人たちも多いものです。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信