当サイトの記事はPRを含みます。クリックや購入により当サイトに収益が発生することがありますが、レビュー内容は私の主観に基づいています。

リノベーションとリフォームの違い

暮らし・賃貸

最近リノベーションと言う言葉をよく耳にします。
住宅をリノベーションすることによって新築のような内装になるものもあれば、
わざわざアンティークな雰囲気を出した内装にしてみたり、
施工する側のさまざまな思い入れを自由に反映させられるのがその魅力です。

リノベーション

よく似た言葉にリフォームと言うものがあります、
リフォームもリノベーションもどちらも家に手を加えて直すことを意味する言葉ですが、
この二つには実際には明確な違いはないようです。

ただし一般的に言われているのは、
古くなった室内設備や傷んでしまった箇所を修理することをリフォームと表現し、
既存の建物をさまざまなニーズに合わせて付加価値を高める変更を加えることが
リノベーションと表現されることが多いようです。

つまり同じように内装の変更を加える工事であっても、
汚れた壁紙を綺麗に張り替えるのはリフォームにあたり、
壁を張り替える際にドアの位置を変えたり壁紙から
雰囲気のある珪藻土の壁に変えるといった改装はどちらかといえば
リノベーションと呼ばれる可能性が高いと言えます。

依頼主の希望に併せて使い勝手の良い間取りに変更し、
新たな利用価値を生み出す改修などがこれにあたります。

外側の部分で人の目に触れる部分だけでなく、
目に見えない部分にも手を加える事で既存の物件の利用価値を最大限に高め、
全く新しい空間によみがえらせることができるのがその最大の魅力だと言えます。

一から自分たちの好みに合わせて作りかえることができるため、
新築物件ではなく、あえて中古物件を選んで好みに合わせて
改修して手を加えて住むという住宅の選び方も増えてきているといわれています。

中古物件のよさは何と言っても新築物件と比較したときの料金の安さです。
そして忘れてならないのが中古物件の中には
新築物件では考えられないような立地条件の良いものが少なくないという点です。

駅から近いところにある格安の中古物件を手にいれ、
自分たちの理想の生活をかなえるために自由に改修するという楽しみ方を選択する人が増えているようです。

たとえ中古で買った物件でも、リノベーションすることでまるで
新築のように使いやすく快適な空間によみがえらせることができます。

物件の価格も立地条件も気に入ったけれど、
内装が自分たちの理想とはちょっと違う・・・
そんな物件を見つけたときこそ理想の住まいを手に入れるチャンスです。

設計に当たっては住む人の生活動線やライフスタイルに合わせて設計することで、
デザイン性が高く使い勝手も良い理想の住まいが手に入ります。

また、全部を取り替えて新しくするのではなく、
古く趣のあるものはそのまま利用したり新しい使い方を考えたりといった活用方法もあります。

新築のような室内になっても新築物件を手に入れるよりも
価格を安く抑えることができるケースが多いのも魅力のひとつだと言えます。
住宅のより高い利用価値の方法を考えるための手段として、
エコロジーの面でも優れた方法だと言えます。

コメント