みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

新しいスーパーフード、ゴジベリーの効果と食べ方

time 2016/10/07

近年では、美容やダイエットを気にした時に特定の栄養素または総合的な栄養素の高いスーパーフードを利用する人が多くなってきています。
スーパーフードといわれる食材は様々なものがありますが、最近注目されているのが「ゴジベリー」です。
ゴジベリーとはいわゆるクコ の実で、スーパーではドライフルーツなどの形で販売されています。
100種類の栄養素が含まれているとされており、中国では漢方薬としても使われています。
不老長寿の実と呼ばれるほど栄養価が高く、カルテノイドやビタミンC、ビタミンB1やビタミンB2、リノレン酸にアミノ酸、鉄分やカルシウムなどの各種ミネラルも豊富に含まれています。
このため皮膚や粘膜を正常に保つ効果などを期待することができるほか、食物繊維が豊富のため便秘を解消して腸内環境を良くすることが期待できます。
ポリフェノールなども含まれており、これらの栄養素のために滋養強壮や血行促進、血圧や血糖値の安定化、抗炎症作用、肝臓病の予防や免疫力向上させたり、老化防止にも役立ちます。他にも、視力の回復や口内炎の痛みの緩和、ダイエットにも効果的だとされています。
これらの栄養素を摂取するためにはゴジベリーの含んだサプリメントを利用することなどがオススメです。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

クコ の実として食べたいという場合には、様々な食べ方があります。
レシピとしては、イチゴやブルーベリーなどのベリー類を手のひらに乗る程度の量を用意し、ドライフルーツのクコ の実を大さじ1杯を水で戻しておきます。豆乳100㏄、好みでハチミツを用意したら全て洗って、柔らかくなったクコ の実の水を切って、全ての材料をミキサーにかけて撹拌します。粒がなくなったらスムージーの完成です。
赤ワインやラム酒、ブランデー、杏仁シロップやメープルシロップなど様々な液体に漬けることもオススメです。つけて柔らかくなったものをパンに塗ったり、ヨーグルトにかける、パウンドケーキやクッキーに混ぜてみたりするなどの楽しみ方ができます。
また、コリアンダーシードと一緒にお酢に漬けて夏は炭酸水で割ったり、冬はお湯で割ったりするのも美味しく栄養素を摂取するのに効果的です。
ドライフルーツのものを刻んで青さやゴマ、塩を加えておにぎりにするのも良いとされています。
スーパーフードであるキヌアと好きな野菜でサラダにするのも、栄養価が高くオススメです。
杏仁豆腐のトッピングとして乗っていることも多い実ですが、自分で作る場合にはゴジベリーは戻しておき、鍋に水と砂糖と粉末寒天を入れて混ぜ、沸騰させていきます。沸騰させたら軽く沸騰する火加減で3分温めて完全に寒天を煮溶かします。牛乳を加えて混ぜながら加熱し、沸騰しかけたら生クリームを加えて混ぜていきます。沸騰する直前に火からおろしてアーモンドエッセンスを少々入れ、プリンカップなどにゴジベリーを入れて杏仁豆腐の元を入れていきます。
粗熱をとったら冷蔵庫で1〜2時間冷やせば杏仁豆腐の完成です。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信