みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

ドローンを有効活用する方法

time 2016/08/30

自立型の構造を持つドローンは、全く新しい発想のカメラです。
既に各分野では実践的な運用が進んでおり、今後の活躍がより一層期待されています。
人間の力では難しい空撮を得意としているのが、最大の特徴です。俯瞰図を簡単な操作で撮影する事が出来、現場の状況をいち早く把握する事が可能です。
災害救助の現場の使い道は、主に災害状況の把握に使われています。

地震や洪水によって、地域が変化した場合、迂闊に人間が現地へと赴くと二次的災害が発生します。
熟練のレスキュー隊でも、二次的災害に遭遇しており、無闇に地震が起きた場所へと行くのは大変危険です。
他方ドローンであれば遠隔操作で現地へと派遣する事が出来ます。
安全かつ迅速に空撮の映像を収集する事ができ、災害対策本部にドローンを帰還させれば、撮影した写真や動画をもとに、合理的な救助方法が立てられます。

<スポンサードリンク>

また増水した河川が瓦礫が散乱した、本当に人が立ち入る事が出来ないスポットにもドローンならリスクゼロで派遣する事ができ、逃げ遅れた遭難者がいればカメラによってリアルタイムに詳細な映像をキャッチでき、自衛隊やレスキュー隊が迅速に人命救助へと向かえます。

ドローンは常に飛行し続けていますので、洪水による濁流に飲み込まれる心配はありません。
また地震の揺れが収まっていない、大震災当日でも空中に浮遊し続ける構造ですので、揺れによって壊されてしまう恐れもありません。
ヘリコプターのように大量の燃料を消費する事も無いため、限られた資源でいち早く災害現場の情報収集を出来る画期的なツールとしての活用方法が期待されており、既に早くても多くの実績を積み重ねています。
市民の間でもドローンの認知度は高く、災害現場でヘリコプターを見かけたような感覚で、ドローンに向かってタオルや手をふれば、災害対策本部へのスタッフへSOSが出せる、という事が浸透しています。
見た目はいかにも無機質なロボットですが、人命救助と情報収集の切り込み隊長として国内外で活躍しているため、今後はより一層の普及が進んでいく模様です。

ドローン
またドローンはセキュリティ対策のツールとしても活用方法が期待されています。
不特定多数の人々が一度に集う大規模なイベントでは、色々な犯罪が発生します。
警察官を配置する事で抑止力は高まりますが、警備が人間である以上、死角は必ず生まれます。
一方でドローンであれば空撮によって映像を記録出来ますので、空中から不審な挙動をする不審者がいれば、対策本部のスタッフがその様子をすぐに確認する事が出来ます。
盗難や暴行、放火などの犯罪現場の様子を、客観的な空撮の視点から記録する事が出来ますので、いわゆる確実な物証を得られるのもドローンの良い利点です。
更に世間的に非常に知名度が高まってきているため、イベント会場周辺にドローンが飛行している様子を見た犯罪者は、自然と気持ちが萎縮し、犯罪を犯す行動を未然に抑止します。
犯罪捜査と抑止力、ドローンにはセキュリティ面での活用方法も期待されており、やはり警察の方でも真剣に導入と運用が進められています。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信