みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

家事代行業者の特徴と選び方

time 2016/07/28

家事代行業者を実際に使ってみた

結婚してから夫婦共働きのため、新婚当初は若かったので、仕事から帰ってきてから家事を全部やってました。
結婚してから10年ぐらい経つと、手抜きを覚えて、時短で済ませるようになって、掃除と洗濯も週末にまとめてやってました。
キッチンと風呂場の掃除もほとんどやらなかったため、キッチンのガスコンロに油汚れがこびり付いて、自分で掃除をするのは限界だと思って、TVCMで有名なダスキンを家事代行業者として初めて使いました。

<スポンサードリンク>

ダスキンは、家事代行というよりも、掃除の専門業者のようで、キッチン周りのシンクの水垢や、ガスコンロこびり付いた油汚れを専用の器具を使って、短時間で新品並みに掃除してくれました。
色々なオプションもあって、エアコン掃除など細かい料金設定がされていて、分解掃除してくれて助かりました。
ダスキンは、利用料金がお高めなので、日常使いの家事代行ではなく、年に数回のハウスクリーニングの専門業者として使ってます。
ニチイを初めて利用したのは、子供ができて暫くして、夫が長期の入院をしている時でした。
様々なパックプランがあった中で、1か月以上の長期入院だったので、月間パックプランを頼みました。
子供は小学校低学年だったので、帰宅後の子供の世話が頼めて便利でした。
家事の代行の幅も広く、洗濯や掃除や食事の支度などの普通の家事はもちろんやってくれますし、夏だったので、庭の草木の水やりもお願いしてました。

ダウンロード

洗濯物も私は、欲してそのまま乾いたらたたんでしまってましたが、夫のワイシャツのアイロンがけも丁寧にやってくれて驚きました。
夫の退院後の自宅療養中も、私は仕事に行ってましたが、流石に介護で有名なニチイさんだけあって、夫の身の回りの世話もしっかりやってくれました。
サービス終了日には、子供の世話を毎日やってくれて、なついてしまったようで、別れ際に子供がスタッフさんの服にしがみついて中々離れようとしませんでした。
ニチイは、介護でも有名なので、介護が必要な時にも頼りになると思うので、そういったケースで利用しようと決めてます。
最近、日常的に利用する家事代行サービスはベアーズになってます。
ベアーズを選んでる理由は、料金プランがシンプルで、1時間当たりの料金が決まっていて、交通費もかなり安くお手軽に利用できるからです。
家でホームパーティーを頻繁にやるんですが、これまで一人で料理を作るのが大変でしたが、ベアーズに頼むと依頼しておけば、料理の下ごしらえなど面倒な作業を代行してくれます。
また、パーティーで出た汚れものも、手際よく洗ってくれて、非常に助かりました。
以前、重い荷物を持ってギックリ腰になった時も、依頼してすぐに来てくれ、買い物や、掃除、洗濯など家事全般をなんでもやってくれて助かりました。
また、故郷で開かれた同窓会に参加する時や、疲れて家事をやりたくない時でも、利用料金が安いので気軽に頼めて、私より料理が上手なので家族にも好評でした。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信