みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

イーデザイン損保の事故対応とサービス

time 2016/07/12

私はイーデザイン損保の自動車保険についているロードサービスを昨年度2回利用しました。
一度目は標識に車をぶつけてしまった時の事故対応でした。
イーデザイン損保の事故対応にはいくつか特徴がありますが、私が助かったと感じた特長が24時間365日対応という点と、主人が契約者ですが、車に乗っているのが私でも契約している車なら来てくれるという点です。
もし、24時間対応でなければ、朝6時の事故直後には来てもらえなかったかもしれません。
電話応対は非常に良かったです。

<スポンサードリンク>

窓口の方は的確な質問で、動転している私からきちんと必要な情報を聞き出してくれました。
また、お怪我がなくて何よりです、まずは落ちついて安全な場所でお待ち下さいとゆっくりとあたたかい言葉をかけて下さり、自然と気持ちを鎮めることが出来ました。
その後、標識にぶつけてしまった場合は、警察への連絡が必要である事などの手続きなども教えてくれました。
付帯されているサービスも重要ですが、それだけではなくやはり、人の力が重要なんだと思いました。
けがをするほどの事故ではなかったのですが、タイヤホイールが外れてしまい、万が一パンクや変形があったら心配だったのでいつもお世話になっているガソリンスタンドまでけん引してもらいました。
無料のレッカーサービスで十分な距離だったので、費用もかかりませんでした。

自動車保険

無料のレッカーサービスが付いていなかったらきっと、不安に思いながら、無理にでも自分で運転したと思います。
幸い車は運転が出来ないほどの故障はなく、タイヤ交換やドアの凹みや傷を直すだけで済みましたが、車の運転や事故は命にかかわる事です。
どんな時にどんな不安があるか、どんなサービスを付けていればその不安に備えることが出来るか良く考えられたのが分かる、考え抜かれた特長のあるロードサービスだと思いました。
二度目にロードサービスにお世話になったのは自宅でした。
夏の暑い日、エンジンをかけようとしても全くかからないのです。
結果的にはバッテリー上がりだったのですが、バッテリーが上がるという経験がなかったので、急に動かなくなった車の前で途方にくれました。
車が動かない、どうしよう、とあわてて窓口に電話すると、今回も非常に穏やかな口調で、これからの流れなどを教えてくれました。
まず、ロードサービスは前回同様すぐに連絡を下さり、自宅まで来てくれました。
バッテリー上がりが原因だとすぐに判断して下さり、充電をして下さいました。
しばらくするとエンジンがかかったため、自力でガソリンスタンドまで走行し、バッテリーを交換してもらうことができました。
もし、かからなかった場合は無料のレッカーサービスで動かしてもらえたそうです。
事故対応は窓口も直接来て下さった方も非常にありがたい対応をしてくれました。
予測されるあらゆる場面を想定し、必要だと思われるサービスがしっかり備えられているイーデザイン損保の保険に入っていて本当に良かったです。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信