みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

ローン審査の厳しさとは?

time 2016/05/19

変化し続けるローン社会

現在、生活の形が多種多様化しており、
一昔前まで借金というイメージばかりが先行してしまう
ローンやキャッシングなどの言葉は、
あまり世間的に負のイメージが付きまとってしまっていました。

しかしローンやキャッシングも、
インターネットの普及により形を変化さえ、
今ではネットキャッシングなどインターネット上で取引が完結してしまうようになってくると、ローンやキャッシングが身近なツールとして社会に機能しつつあります。

ここ数年は、消費者金融会社は不遇の時代を迎えていました。

過払い金請求全盛の時代となっていたからです。

学生ローン

過払い金請求とは

過払い金請求という言葉が生まれる前までは、
金融会社は現在の上限金利よりも10%近く高い金利で貸付をしていた為、
その差額を請求する過払い金請求の額は、莫大な額で倒産してしまう金融会社も少なくありませんでした。

その過払い金請求時代も少しずつ落ち着き始め、
現在金融にとっては顧客を取り戻す時期にきています。

そこで様々なキャンペーンを各社が展開し、
顧客の取り込みに躍起になっています。

ですので、今からローンを利用したいと言う方にとっては
チャンスの時代と言っても過言ではないわけですが、ローンを利用する際には、必ず金融会社と契約をしなければなりません。
契約をする場合、必ず審査を通過しなければいけません。
ここで問題になるのが審査落ちです。

<スポンサードリンク>

ローン審査の内容とは

まず申し込みをする前に、
審査落ちによって契約ができない可能性があることを知っておくべきです。

もちろん、審査は金融会社によって審査基準が異なり、
審査が厳しい会社もあれば、審査激甘な会社も存在します。

審査と言うのは、
まずインターネットの会社のホームページや店舗で直接申し込みをします。
そして個人プロフィールや他の金融会社からの借入額などを申告します。
ここでは必ず正確に申告しましょう。

審査が通りやすいと思って、
借入額を少なく申告したり、年収を多く申告したりしないようにしましょう。

審査基準は、
金融会社の過去の膨大なデータと外部の信用機関への問い合わせです。

まず金融機関のデータで、
お勤め先などから推測される年収の額が細かくわかるようになっています。

また信用機関への問い合わせにより、
他の金融機関からの借入額は正確にわかるようになっていますので、
正確に申告しないとむしろ審査に通りにくくなってしまいます。

審査に関しては、他の金融機からの借入額が重要になってきます。

借入額が多ければ多いほど、審査を通過するのが難しくなりますし、
たとえ審査を通過したとしても、実際には50万円の限度額の契約をしたいのに、
限度額が20万円までの契約しか結んでもらえなかったりする場合もあります。

審査落ちも嫌だとは思いますが、
審査激甘な金融会社と契約をしようとするときは
必ず契約書や契約条件など細部までチェックが必要です。

金利が法定金利上限内なのか、年率計算の金利となっているのか、
必ず契約時は確認をしましょう。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信