みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

メルカリでやってはいけない暗黙のルール

time 2015/07/07

フリマアプリ「メルカリ」の魅力

CMでもおなじみのメルカリ。
出品も購入もスマホからOK(というかスマホのみ。PCからはできません)のフリマアプリです。
あっという間に広まったメルカリですが、その魅力とはどんなところにあるのでしょうか?

出品が簡単

メルカリアプリ(無料)は、開いてすぐに出品も購入も可能。
最初に表示される画面の右下「出品」アイコンから、カメラを起動して、出品したいアイテムをぱしゃり。
値段と商品説明を書いて出品OK。以上!(笑)
むちゃくちゃ簡単です^^

しかも、出品自体は無料です。300円~の値段を付けて販売し、購入されれば、1割を手数料として引いた額をメルカリからもらえます。

購入もリスクが少ない

フリマアプリでの購入というと、「商品が届かないんじゃ」「ニセモノだったら」などと様々な心配があるとおもいます。
ですが、メルカリは、購入時にいったんメルカリに支払うものの、出品者にそのお金が入るのは、購入者が「受取評価」をしてから。
なので、出品者は絶対発送して、相手にちゃんと商品を受け取ってもらわないとお金を受け取れませんし、万が一破損していたり、ニセモノなんていうことがあると、受取評価してもらえない可能性もあります。
なので、出品者も他のオークションやフリマアプリよりも、きちんと梱包しスムーズに発送してくれる場合が多いのです。

カードでも、コンビニでも、ポイントでも支払OK

メルカリでなにか購入する場合は、クレジットカード、コンビニ/ATM支払い、ポイント利用が選べます。
ポイントは友達紹介やメルカリ内のキャンペーンで貰える場合が多いです。
1ポイント=1円で、1円から利用可能です。
他の支払い方法との併用も可能ですので、少額のポイントでも消費しやすくうれしいですね。
ただ、コンビニ支払いを選択すると、手数料が100円かかります。
そのため、購入時に出品者に対して値下げ依頼をしたり、購入ボタンを押したもののなかなか支払い手続きをしないという購入者が後を絶たないため、出品者の間では嫌われる傾向にあります。
(マナーが悪い人は購入者であれ出品者であれ、ブロックされたりメルカリ事務局に報告される可能性があります。)

メルカリの暗黙のルール

購入希望者が決済するまでの間、他の人が購入しないようにすることを「専用」と言います。
「専用にしてもらえますか?」と出品者に尋ねたり、出品者から「専用にしますね」と言われる場合が多いです。
また、いきなりコメントで「値下げできますか」などと書き込んで、返事にも答えなかったりすることを「コメ逃げ」または「値下げ房」などと言います。
どちらも嫌われる行為で、コメント削除やブロックしますと、プロフィール欄に書いている出品者も多いです。

手軽に利用できて便利なメルカリですが、顔の見えない取引ですので、よりみんなが気持ちよく利用できるよう、各自が心がけることが大切だと言えます。
ルールを守って出品者としても、購入者としても、十分活用したいアプリのひとつです。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信