みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

adobe readerの利便性・特徴・ダウンロード

time 2015/07/07

会社などの業務関連では良く見かけるpdfという形式のファイル。
こちらを読み込むのに必要なソフトウェアがadobe readerです。
種類としてacrobatと言うものもあります。以前は有料でpdfファイルを読み込むだけではなく、その後の編集や別のファイルをpdfに変換する事が出来る機能が搭載されていました。
現在は統合されており、adobe readerからacrobat readerへと名前の変更とともにその機能も一部引き継がれています。

adobe readerてどんなソフト?

adobe reader
実際に何をするソフトウェアかと言うと、PDF ファイルの表示保存、印刷が行えます。
その際に作成者によってファイルにパスワードを掛ける事により印刷保存など、制限を掛ける事も出来る様になっています。

印刷も、表示しているpdfファイルのページ全体を印刷する事や、ページ内で指定した範囲だけを印刷する事も出来るのです。
その他にも、1 枚の用紙に複数のページを印刷する機能や、印刷部数を指定して印刷することもできます。

<スポンサードリンク>

adobe readerの利便性とは

表示機能に至っては、様々な機能が搭載されており、一々階層から開かなくても、表示に必要な機能が最初からアイコンとして表示されており、使用する場合はそのアイコンを選択するだけなのでexcelやwordなどよりも表示について使いやすく、かつ見やすくなっています。
アイコンには、拡大縮小は元より、表示位置の指定や表示箇所のみの拡大などもある為、必要最低限の箇所をピックアップし印刷しやすいようになっています。選択機能はそう言った面で他に類を見ないほど便利に利用できるのです。

それ以外にもフルスクリーンモードでの表示もアイコン選択一つで出来、画面の大きいディスプレイであれば複数ページを一つの画面で表示する事も可能です。プレゼンなど資料確認には非常にありがたい機能が搭載されています。
プレゼンで言いますと、文字の検索機能も侮れません。
excelやwordでも同様の機能がありますが、こちらも細かい指定ができ、複数の文字列を検索する事で業務をスピーディにこなす事が出来るもの特徴の一つでしょうか。

他にはない、adobe readerならではの特徴

特徴でいえば、webブラウザで直接開けるのもそのひとつかもしれません。
インターネット上で検索エンジンを使用した際に、ブラウザ上で直接開いた事はないでしょうか。
ファイルを一時保存する為、容量の大きい物は時間が掛ってしまう事もありますが、ブラウザに機能として直接開ける機能を搭載できる為、調べ物をしながら別のファイルを開く必要もなく、現在のブラウザであればタブ操作で内容を確認する事が出来るのです。この機能はほかには類をみない大変便利な機能ではないでしょうか。

adobe flash playerとadobe readerの違い

よくadobe readerと間違われるもののひとつに、adobe flash player(アドビ フラッシュプレイヤー)というものがあります。
こちらは、サイト上にある動画を再生する際などに使うソフトです。
同じadobeのソフトでも、別の種類のソフトになりますので、アップデートの通知が来た時などは、それぞれアップデートする必要があります。

まだまだあったadobe readerの魅力

adobe reader
pdfという一つのファイルとして完成しているのですが、画像やテキストなどを個別に保存できるのもadobe readerの便利な機能の一つかもしれません。
画像などは特に別で同じようなプレゼンテーションに必要な際など使用したいのに出来ない事もないのが非常に便利ではないでしょうか。

adobe readerが企業間でのやり取りに使用されるのには、それなりの理由があるからなのです。

私のPDFの使い方とadobe readerダウンロード先

●社労士や税理士との書類のやりとり

書類に捺印が必要な場合、直接受け取りに行くのも手間ですし、郵送にも時間がかかります。
そんな時には捺印が必要な書類をPDFでメールや、チャットワークなどで送ってもらい、それを印刷して捺印→郵送すれば時間短縮できます。
また、こちらが送らなければいけない書類、例えば、通帳の写しや、領収書などもプリンターでスキャンすることで、PDFにすることが可能です。

bana

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信