みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

エイブルの魅力 賃貸契約で気をつけるポイント

time 2016/05/07

不動産で貸契約を結ぶとき、
仲介手数料が発生します

この料金は、その物件を紹介してくれた不動産業者に支払う手数料になります。
そして、この料金は不動産屋さんにとって成功報酬となりますから、
契約が成立したときのみに発生します。
物件を紹介してもらっただけで契約しなければ、発生しない料金です。

そしてこの料金の金額は法律によって決められていますが、
賃貸の場合は家賃の一か月分が相場となっているようです。

よく店舗の窓に、敷金1か月、礼金一か月、仲介手数料一か月
といった広告が貼られていることがありますが、
これは敷金も礼金も手数料も家賃の一か月分徴収しますよという意味です。

敷金とは部屋を出るときの修理費用や、
家賃を滞納してしまったときなどに当ててもらう費用で、
大家さんに対して支払う費用となります。

<スポンサードリンク>

礼金は大家さんへのお礼、手数料は業者に対して支払う費用です

礼金と仲介手数料を同じ意味に捉える方を見かけることがありますが、
手数料は業者に対して支払うのに対し、
礼金は大家さんへ支払う料金という明確な違いがあります。

こうしてみると、賃貸契約を結ぶときというのは、
家賃数か月分という高額な費用が発生することが分かるでしょう。
そこで、現在、礼金や手数料部分を無料にしている業者が登場しています。

法律上、絶対に徴収しなければならないという料金ではないので、
業者の努力によっては無料にすることもできるのです。

よって、賢く部屋を借りるなら、
礼金や手数料に注目して物件を探すというのも賢い方法かもしれません。

エイブル

契約時に家賃数か月分の費用が無料になるというのであれば、
数十万円の節約になるでしょう。

ただ、だからといって悪徳業者を選んでしまうと、暮らしが大変になってしまいます。
部屋に住むとなると、日々の生活を送る上で、
様々なところで業者にお世話になることが考えられるからです。

暮らしていれば、水漏れ、騒音、鍵のトラブルなど、
様々な問題が発生することが予想できます。

このときに相談するのは、大家さんではなく、
業者というケースが非常に多いのです。

よって、どんなに契約時の費用が節約できるからといって、
評判の悪い業者を選んでしまうと、安心して暮らせなくなってしまうでしょう。

契約時の費用の節約はもちろんのこと、
その業者が信頼できる業者なのかどうかを見極めることも大変重要になると思います。

よって、部屋を探しているときに、
相談しやすい業者かどうか、信頼できる業者かどうか、
しっかりと確認するようにしましょう。

また、できることなら大家さんがどのような方なのかも
分かっていると安心ではないでしょうか。

部屋は借りると、長い間、住むことになります。
不都合があるからといって、たびたび、引っ越しをしていては大変です。

「引っ越し貧乏」という言葉もありますから、
節約できるところは賢く節約して、安心できる業者を選んで、
上手に部屋を借りて下さい。

快適な住まいを選ぶのに、
手間暇は惜しまないようにするのが良いのではないでしょうか。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信