みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

リップルコインの投資と今後

time 2016/04/13

そもそもリップルコインとは?

リップルコインは、日本でも展開している仮想通貨の一つとして有名です。

去年、日本では仮想通貨の取引会社の一つが破たんしてしまったことから、一部で仮想通貨への信頼性が揺らぎ、仮想通貨そのものに疑念が出ている状況が起こっています。
しかし、世界的にはインターネット技術と金融の融合であるフィンテックの流れが加速しているために、今後は仮想通貨が活躍する環境は大きく広がっていくことが予想されてます。

ビットコイン

仮想通貨の相場

現在、リップルコインなどの仮想通貨においては、通常の円やドルなどの通貨の為替相場と同様に、仮想通貨独自の相場によって価値が変動するようになっています。
そのため、世界では仮想通貨そのものが、投資の対象になっている状況が生まれています。
今後は仮想通貨の利便性が上がるにつれて、仮想通貨の相場では上昇傾向になっていく可能性があると考えます。
最近の日本においては、国の機関でも、仮想通貨を通貨として認める動きが出てきています。
とくに証券市場などでは、将来の仮想通貨を用いた取り組みを検討する流れが起こっています。
日本でもフィテックの流れを無視できない環境が生まれており、仮想通貨を受け入れないと世界から取り残される恐れが出ているためです。

したがって、将来的には日本の金融市場でも、仮想通貨ですべての取引が可能になる時代も来る可能性が出てきています。
将来の上場企業では仮想通貨で事業資金を調達し、事業の運営を行っていく時代になっていくかもしれません。
そうなってくると、資本市場そのものが仮想通貨によって動く時代になるとも言えます。
企業では資金調達を現在の銀行などの金融機関ではなく、仮想通貨の取引所を通して実施することが大いに考えられるからです。

その結果として、銀行などの金融機関の役割が大きく減少し、金融の主役が仮想通貨の取引会社に移っていく大きな変革が起こる可能性があります。また、リップルコインといった仮想通貨は現実の通貨と交換をすることが可能ですが、将来は仮想通貨だけですべてが完結してしまう時代も来ることが予想されています。
仮想通貨会社と様々な企業が提携を行うことによって、仮想通貨が使える店舗や公共施設などがどんどん増えていくことが期待できるからです。

<スポンサードリンク>

こんな未来がやってくる?

普段の生活において利用するスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで仮想通貨が使えるようになったら、普通の通貨を持ち歩く必要がなくなってきます。
その結果として、将来的には財布を持つ必要がなくなり、スマートフォンなどの端末さえあれば、買い物などのすべてができてしまうことがないとも言えません。

スマホ

また、ネット上の通販や金融サービスなども、仮想通貨だけで行えるようになることも大いに考えられます。
このようにすべてが仮想通貨でできる時代には、世界で同一の仮想通貨が使える時代になるために、今の為替市場はなくなってしまうこともあるかもしれません。
為替を気にしなくて良いようになれば、今よりも便利な時代になる可能性があります。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信