みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

CRMシステム活用方法

time 2016/02/24

CRMツールを導入して顧客管理を実施するメリット

CRMツールの説明は多いのですが、
実際の活用法を説明しているサイトは少ないものです。
ですので、CRMツールの導入といっても経営者の方は、
なかなかメリットが掴めないものです。

CRMを導入することによって具体的に自社がどうなるのかが分からないと、
導入する魅力や意味も思い浮かばないのが普通ですからね。

「CRMを導入するより、
今の経営スタイルのままで数字を伸ばしていったほうがいい」と思う経営者が多いのもうなずけます。

しかしながら、CRMを導入するのと導入しないのでは、実は雲泥の差があります。

たとえば、お店の場合でも、店員が常連さんの顔を覚えていないで、
新規の客のように扱ってしまうと気分を害します。
CRMの効果は、そんな時にこそ発揮されます。

grafica_radar5

<スポンサードリンク>

お客満足度UPにつながる活用術

電話で問い合わせがあった場合に、新規か既存の客かの判断を行い、
既存の客なら、いつ購入して、どういう嗜好の客かが瞬時に画面に現れます。

新人の営業マンでも、
どういう対応をすべきかのマニュアルまで表示されるCRMも最近はあります。

顧客との対応方法について記録するのがCRMです。
ただ、電話が鳴って、顧客の住所や名前が表示されればいいのではありません。

顧客とのコンタクト記録が表示されるのがCRMツールを導入するメリットです

CRMを導入することにより、営業マンが入れ替わっても、
ある一定の顧客対応は可能になりますし、
コールセンター等にアウトソーシングを行い経費削減をすることも可能になります。

また、CRMは顧客とのコンタクト記録を行うだけではなく、
顧客の傾向分析をもとに、新しい商材やサービスが導入されたときに、
見込み客の掘り起こしにも使うことができます。

CRMはSFAと表裏一体の機能を有しています

顧客の趣味嗜好、購買傾向をもとに、
SFAで、どういうアプローチをしていけばいいかの判断を行います。

営業マンがどういうアプローチをしていけばいいかが、
担当の営業マンでなくてもCRMを用いれば可能になります。

また、CRMで顧客の購買動向をもとに、
ある程度購買予測が行われますので、
無駄な在庫を抱えずに適正在庫を維持することが可能になります。

無駄な仕入れや人件費を削減でき、全体的な物流工程のスリム化が実践できます。

顧客ありきの経営を実践するためのツールがCRMツール

CRMを導入することにより、顧客を中心にした経営の見える化が実現します。
CRMを導入すれば、顧客を中心にした、
無駄のない人員配置や資金の動きを構築できるように、会社が変わっていくものです。

闇雲に営業をかけて、その場しのぎ的な営業を継続していても、
企業は大きく発展はしていきません。
顧客を起点にした傾向分析を行い、
適切な設備投資や人員配置を実践していくことで、
資金の無駄を省き、継続的な企業の成長をうながすことが可能になってきます。

システム導入を検討しているのでしたら、最低限CRMだけは導入するように心がけましょう。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信