みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

MBAの取得方法~取得後の役立ち

time 2016/02/17

MBAはどうやって取得できる?

MBAは企業を経営するための基本的な知識を多方面にわたり習得することができるものです。
経営には様々な知識が必要となりますが、その知識を個別に習得するだけでは経営に必要な総合的な能力を身に着けることは難しいものです。
また、刻々と変化する情勢に対しては一方向の知識だけでは柔軟に対応することができず、総合的に判断する能力が重要となります。
その能力を身に着けるとともに、企業の経営に於いて実際に実践する能力を養う上でMBAは非常に有意義なものと言えます。

MBAの取得においては、かつては海外の大学などで資格を取得することが必要でしたが、最近では日本の大学に於いてもその資格を取得できる部門を設置している所が増え、国内に居ながら取得することが可能になっています。
しかし、そのカリキュラムにはそれぞれ違いがあるため、内容を理解し、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

取得に必要な資格

MBA

海外に留学して取得する場合には、まずその学校に入学するための資格を身につける必要があります。
一般的には、
1.大学卒業以上で2年以上の実務経験
2.英語力を証明するTOEFLを受験しその点数を証明するもの
3.学習能力を証明するGMATを受験しその点数を証明するもの
が必要とされており、その資格を満足していないと入学を受け付けてもらえないので注意が必要です。
特にGMATはMBAの為に用意された試験と言っても過言ではなく、英語力の他数学力、文章構築能力、及びその総合能力を試す内容となっています。
これらの試験に於いて所定の点数以上を取得することが前提であり、概ね2年程度の準備期間がかかると言われています。

国内で取得する場合には日本語で受講できるところも多いのですが、日本語で取得したものは国内でのみ通用するという傾向が有るため、国際的な能力を身に着ける場合には海外、若しくは英語で取得する必要があります。

<スポンサードリンク>

MBAをどう生かすか

MBAを取得したのちにそのように生かすかについては、その人のおかれた環境により異なります。
大企業であれば経営企画等の仕事に於いてその能力を発揮することができます。
また、一時期は取得することにより給与が上ったり、出世の条件として非常にもてはやされましたが、その為に資格を取得することが目的になってしまう傾向があり、最近では資格の有無ではなく実際の経営能力を冷静に評価する企業が増えています。
その為、取得後に於いては企業経営に於ける知識を持っていると評価し、チャンスが与えられる機会が増える効果があります。

MBAの取得方法や役立て方は人それぞれです。
あくまでも大学やスクールの認定資格であり、国家資格のように絶対的な権利を保障する物ではないため、有資格者に対する待遇も企業により大きく異なります。
この資格を取得する真の意味は、企業経営に於ける最適な知識を習得するとともに、その知識を実践に生かし、より社会に貢献することによって最も効果を発揮できる資格と言えるものです。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信