みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

不動産投資の始め方

ちょっと気になる不動産投資について

銀行にお金を預けていても、大した利息は付かないので、
思い切って投資物件を持ちたいと考える方が増えてきています。

株やFXで利益を上げる自信がない人でも、
不動産投資なら始めやすいので、まずは信頼できる不動産会社を見つけて、
収益物件についてのアドバイスをもらうことから始めるようにしましょう。

home

収益物件とは、
不動産を購入した所有者が居住するためのものではなく、
投資を目的として所有する不動産のことです。

アパートやマンションを購入し、
長期的に所有して賃貸経営を行えば、定期的に運用益である家賃収入を得られるので、
定年退職後に退職金を使って入手する方も少なくありません。

また購入した不動産の価格が上昇したら、
それを売却することで売却益を得られますから、
よほどの値下がりでもない限りは、
収益物件を持っていて損するようなことはないでしょう。

人気のエリアにあるアパートやマンションであれば、
入居者に困ることはないので、安定した収入を得ることが出来ます。

<スポンサードリンク>

投資物件の収益について

投資物件による収益は主に入居者からの家賃収入になりますが、
アパートの場合は建物と土地をセットで持つ1棟所有、
マンションの場合は1部屋ごとに賃貸して利益を得る
区分所有を行う方がほとんどです。

アパートを1棟所有しようと思うと、
それなりの広さの土地が必要になりますし、最初に必要な資金が多くなりますが、
部屋数が多くなるので、すべて入居者が埋まらなくても、
ある程度の家賃収入は確保することが出来ます。

マンションを区分所有したいときは、
必要な資金が少なくて済むので、投資物件を気楽に持ちたいという方におすすめです。

アパートを丸ごと1棟管理するのは大変ですが、
マンションの区分所有の場合はそれがないので、
どちらを選ぶかはよく考えてから決めましょう。

また建物が古くなった場合、
アパートだと大規模な修繕や
建て替えなどを所有者個人の判断で行わなければなりませんが、

区分所有タイプのマンションだと
共用部分の管理は所有者には関係ないので部屋の修繕だけで済みます。

お金

収益物件の利回りについては、
年間の家賃収入を物件価格で割った数値になるので高くなければなりません。

交通の便が良く、駅からの距離が近かったり、
商業施設や公園が近いなどで生活しやすいと賃貸の入居者が集まりやすいので、
投資物件を得るときは、よく考えてから決める必要があります。

そうしないと空室のリスクが高くなりますし、
治安が悪いところだと家賃未納などが起こりやすく利回りが下がってしまうので
入居者募集や物件の管理には十分気を配るようにしてください。

不動産投資をいきなり素人が始めるのは難しいと感じる方は多いですが、
今はそれぞれの資金力やライフスタイルに合わせて
アドバイスを行ってくれる不動産会社が多いので
わからないことがあれば、積極的に相談することをオススメします。

インターネットで資料請求を行うことも出来るので
投資物件に興味がある方は
まずは資料をチェックしてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信