みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

不動産査定のチェックポイント

実際に住宅を売却してみて分かった
不動産査定のポイントとは?

私は長年にわたって住み続けてきた住宅を売却したことがあります。

所有していた物件は一戸建て住宅になりますが、
築年数は約20年が経過している状態で、注文住宅として建てた物件です。

2階建ての一般的な洋風スタイルの住宅になり、
これまで何度もリフォームを行っています。

例えば屋根は葺き替えを行った経験があり、
その後も塗り替えを済ませている状態で、
同じように外壁も購入当初はモルタルの壁でしたが、
後にサイディングへと張り替えを行っていて、外観は綺麗な状態を保っています。

室内に付いても床材は全室フローリングを採用していて、
コーティングを済ませているので比較的綺麗な状態でした。
クロスも張り替えを何度も行っているので一定の新しさを持っている状態です。

home

キッチンや浴室などに対しては
購入当初に設置していたシステムキッチンとシステムバスを
そのまま使っている状態で手を加えることを行っていません。

この住宅を売却することを希望した理由については、
住み替えを行うことを希望したことにあり、
一戸建て住宅ではなく、マンションに住むことを望んだことです。

そのため、
新しい物件の購入費用を集めるために、不動産査定を利用することになったのですが、
最初の段階では依頼先を見つけることができずにいました。

<スポンサードリンク>

いざ、不動産会社に査定を依頼してみたものの・・・

不動産会社に依頼する方法で不動産査定をしてもらうことができるのですが、
その際に提示される見積り額が気になってしまい、
相応しい不動産会社を探すことに難航していたことになります。

少しでも高い見積り額を提示してもらうことを期待していたので、
適当な会社選びを行うことができなかったことになります。

いろいろと調べてみた上で最適な方法を見つけ出すことができて、
不動産査定のチェックポイントとして挙げることができる内容を把握することができました。

ようやく見つけた「適正化価格の見つけ方」

その方法ではインターネットを利用して不動産査定を行う方法になり、
無料で使うことのできる便利なサイトをみつけることができました。

その中で「一括見積りで、少しでも高い価格提示を行う不動産業者を探すこと」が
何よりメリットの大きなものだと思っていましたが、
実際には「複数の業者と直接に会って、話し合いを行うこと」が
とても大切なチェックポイントだと気づきました。

不動産会社の担当者の素振りや態度なども、
その後の販売に影響する可能性があるので、
相性というものを大切にすることも行いました。

少しでも査定額アップを狙うために
気を付けておきたいポイント

また、室内だけではなく、
敷地内全ての場所を綺麗な状態に仕上げておくことも、
大切なポイントとして挙げることができます。

この方法は不動産査定に影響される内容なので、
忘れずに行うことが推奨されていました。

私の住宅の場合では目立った損傷なども比較的少なかったこともあり、
売却には好都合な物件だったこともメリットのひとつです。

一括見積りで探した不動産会社では大々的に宣伝を行っていたので、
想定していたよりも早期に売却することに成功でき、
この点に関しても不動産会社の販売能力が問われます。

販売手法などを知ることも、
不動産査定のチェックポイントとして挙げることができるといえるでしょう。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信