みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

icloudを利用した簡単バックアップ

time 2015/07/06

iPhoneやipadは他のアンドロイド端末にと違い、SDカードなどの外部記録媒体を利用することができません。
携帯電話ショップでiPhoneやipadを購入する際、専用の外部記録媒体をすすめられることがあります。
もちろん物理的な記録媒体での保管は非常に便利で分かりやすい一面がありますが、裏を返せば紛失などにより情報そのものを無くしてしまったり外部に漏洩してしまう可能性の秘めています。
また、記録媒体もあくまで機械であるため故障により利用することができなくなるリスクも存在します。

しかし、iPhoneなどのapple製品はicloudという機能を利用することによって無料でデータをバックアップする事が出来ます。
しかもこのサービスはクラウド上、つまりインターネット上に存在しているため、アカウントさえ忘れなければどこからでもアクセス出来る上に紛失の心配もありません。

ノートパソコン

スマートフォンの利用率が約半数となった現在、機種変更時のデータ以降も時間がかかる上にある程度知識が必要ということから面倒だと感じる人も多くいます。
しかしicloudは機種変更してもネット上に保存しているデータと本体を同期させる事ですべてのデータを新しい端末に復元することができます。
つまり、データの紛失も漏洩も移行すらも設定さえしておけば考える必要がありません。

<スポンサードリンク>

ではその設定方法が難しいのかというと、そうではありません。本体内部から簡単に設定することができます。さらに自宅に固定回線などを契約しWi-Fi環境がある場合、一度設定してしまえば自宅に帰る度に勝手にWi-Fiに接続されて勝手に本体とicloudが同期されます。つまり、本体を購入したときに一度だけ設定しておけばあとは常に最新状態を維持してくれるため特にデータを管理する必要が無いということです。

スマートフォンは利用したいけどデータ管理などの管理方法に詳しくない人も多くいると思いますが、この方法を利用すれば最初のせっていのみ詳しい人に教えてもらうだけで良いということになります。
知識がなく機械が苦手が故にスマートフォンに機種変更する事を躊躇している人にとっては非常に便利な機能と言えます。

アンドロイド端末は常に外部記録媒体とのやりとりをするため、アプリの起動や、映像、画像の読み出し書き込みに時間がかかることがよくあります。
ipadやiPhoneの場合本体の内部ストレージにデータを保存するため写真撮影の連写などもスムーズに行うことができます。
一度保存したデータは一日のどこかのタイミングでバックアップをとられるので端末を利用してる最中のストレスなどもありません。
もちろんパソコンに接続してバックアップをと取る方法もありますので、icloudと併用する事でより安心にデータ管理を行うことができます。

データは今やスマホを利用する人にとって重要な財産の一つです。
本体を紛失しないことも重要ですが、このようなクラウドサービスを利用してデータを管理することもユーザーの最低限のスキルと言えるでしょう。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信