みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

メルカリで悪い評価を付けられたくない場合

time 2016/01/09

購入者に優しいメルカリらしい
「これでいいの?」なシステム。

メルカリで取引をする際に、当たり前のように行われているのが値引き交渉。
出品者によっては「お値引きはできません」と商品説明に書いている場合もありますが、
「交渉してみて、少しでも安く買えたらいいなー」というのが
メルカリを利用している購入者の層です。
あなたが出品者であれば、どんなに常識はずれな値引き交渉をされても
「メルカリなら仕方がないな」と思ってスルーするのが無難だと言えます。

購入者にとっての値引き交渉

ヤフオクでの「この価格で即決をお願いできませんか?」という質問と同じレベルで
メルカリでは「お値引きできませんか?」というやり取りが頻発します。
ですので、「言ってみてダメだったらそのまま買えばいいや」くらいのつもりで
値引き交渉してみてもいいでしょう。

ですが、メルカリはシステム上、受け取り評価をしなければなりません。
強引な価格交渉をしてしまうと、受け取り評価後に出品者から
「値引き交渉がすごかったです><」などと悪い評価が付く可能性も。

<スポンサードリンク>

値引交渉他、出品者に不快をさせてしまったときに
悪い評価を受けない方法

よくあるのが、受け取り評価前に
届いた旨をメッセージで伝えるという方法です。
「無事受け取りました^^
今回はこちらの無理なお願いも快く受けてくださり、
本当に感謝しています。
またリピートしたいとおもっていますので
よろしくお願いします☆」
など言ってみてはどうでしょうか。
その反応によって、出品者側の心情が少し垣間見えるでしょう。
ですが、「どう考えても出品者を怒らせてしまっている」
「悪い評価を付けられそう」という場合。
どうすればよいか。

簡単です。
受け取り評価をしなければいいのです。

受け取り評価をせずに
ペナルティはないの?

受け取り評価をしないことに対して、
メルカリ事務局からのペナルティは特にありません。
出品者は、購入者に受け取り評価をしてもらえないと、
最後のやり取りから一定の期間たった時点で、画面に表示されるボタンから
メルカリ運営局に受け取り評価依頼をできます。

ですが、この受け取り評価は、なんと双方に評価としてカウントはされないのです。

ですので、ほかのユーザーに、そのユーザーの良しあしを伝えるチャンスである
評価自体ができない上に、良いも悪いもカウントされないので、
外から見ると、そのユーザーが受け取り評価をしないユーザーであるようにはみえません。
そのうえ、最後に一言「受け取り評価ぐらいしてください!」とも言ってやれないのです。

あくまでメルカリは
購入者の味方です

最終的に事務局が受け取り評価をしてくれるので、
商品代金はもらい損ねることはありません。
ですが、トラブルで取引が長引いても、受け取り評価をしてもらえず、
運営局に代理で評価してもらうにしても
待たされたり報酬をその間お預けにされたりと、
リスクはほぼすべて出品者側にあるのが、現在のメルカリのシステムです。

規約は徐々に改善されつつありますが、メルカリ運営局にとって
利益を上げるためには購入者を増やすほかありません。
改善されるとすれば、「より買いやすい環境」であって
「出品しやすい環境」が整うのは、まだまだ先といえるでしょう。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信