みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

女性保険の選び方

time 2015/11/19

様々な種類がある女性保険、
どうやって選んだらいいの?

近年、女性特有の病気、特に女性特有のがんにかかる人が増えてきています。
そのため、多くの保険会社が、女性疾病特約を設定し、より手厚い保障を提供しています。

保険の「特約」とは?

まず初めに、「特約」とは何でしょうか。
特約とは、保険を契約する際に、基本の保障内容(主契約)に加え、
特定の条件においてオプション的に保障内容を手厚くすることができる、付加的な契約です。
女性疾病特約とは、女性特有の病気にかかった場合に、
通常の医療保険の契約に上乗せした保障内容が提供される契約です。

保険

女性特有の病気とは、簡単にいうと、女性にしかない器官でおこる病気のことで、
乳がんや子宮がん、子宮頸がん、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣がん、
その他にも妊娠や出産に関連する病気などが挙げられます。
その他にも、保険会社によって異なりますが、
女性がかかりやすいとされる鉄欠乏性貧血や甲状腺疾患なども、
女性疾病特約で保障される場合もあります。

<スポンサードリンク>

女性疾病特約とは

では、女性疾病特約は、果たして必要なのでしょうか。
結論から言うと、20〜50代の女性には是非お勧めしたい保障内容です。
もちろん主契約のみでも、乳がんや子宮がんにかかってしまった場合には、
一定の保障が受けられます。

女性疾病特約をつけるメリット

人間ドックの選び方
しかし、女性にとって、特にこれから妊娠や出産を控える年代の女性にとっては、
乳がんや子宮がんなどと診断されることは、
将来への不安が増大し精神的に大きな苦痛となります。
そのような状態の中で、治療費や入院費など
金銭的な不安を抱えなければいけないことは、非常に負担になることです。
特約をつけておくと、万が一の際に保障が上乗せされるため、
金銭的な負担を少しでも軽くすることができ、
治療に専念できる環境を整えることができるのです。

特約じゃないとダメなの?

女性のための保険の中には、特約ではなく、
もともと主契約に女性疾病特約と同様の保障内容を含んだものもあります。
このような保険は、高齢の女性にはお勧めしません。
高齢になるほど様々な病気にかかるので、
保障内容は少しでも手厚い方が良いと思われがちですが、
高齢の女性に多い病気は糖尿病や骨折など、女性特有のものではないことが多いのです。
ですので、主契約が女性疾病に手厚い内容の保険の場合、
終身でもつことは非合理的であると言えます。
20〜50代など比較的若い時期には、主契約に女性疾病特約をつけて持っておき、
ある程度の年齢を過ぎた段階で特約だけを外してしまう方法が良いでしょう。

特約のほうがお得な理由

一般的に、特約は月々の保険料に数百円プラスすることでつけることができ、
その保障内容は主契約の倍という場合が多いです。
単純に主契約の保障内容を倍にするよりも、
特約でつけた方が月々の保険料がお得になる場合が多くなっています。

まとめ

保険に加入する際は、その保険料だけではなく、
保障内容もしっかりと比較をすることが大切です。
保険会社によって、女性疾病として定義づけられている病気が異なったり、
保険金が支払われる条件が異なったりもします。
それぞれの保障内容の違いをしっかりと把握し、
自分に必要な内容のものを選びましょう。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信