みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

本当は怖いカラコン

time 2015/07/05

カラコン
今若い女性の間で絶大な人気を誇るカラコン(カラーコンタクト)。
カラコンは手軽に黒目の色を変えることができるため、ファッションの一部として親しまれています。

また、カラコンのカラーバリエーションは非常に豊富で、単に茶色などではなく、茶色でも濃淡の違いやブルー系、グリーン系、ピンクやパープル系など多岐にわたります。

そして、黒目部分も様々なデザインがあり、目が輝いたように見えるタイプや、より室目部分が大きく見えるよう、サイズが大きくなっている物などがあります。

カラコンの危険性

カラコンの普及に伴い、眼科医などが警鐘を鳴らしているのが、その手軽さゆえの目への負担、病気などです。
カラコンといえどコンタクトレンズですので、本来であれば眼科医の処方箋無くしては購入できません。
ですが、今では処方箋なしでネットで簡単に、しかも安価で購入できてしまいます。
そのため、本来コンタクトは度数以外にも目のカーブに合わせて、一人ずつ自分にピッタリのものを選んでもらう必要があるのに、そこを無視(もしくは知らずに)購入するため、カラコンを装着することで目に違和感を覚えたり、それが悪化して眼病を発症する可能性があります。
そして、コンタクトレンズでありながら、カラコンが手軽な存在になりすぎたため、消毒して使わなければいけないところを、消毒せずに連続使用したり、衛生面でも問題が浮き彫りになってきています。
また、カラコン自体の品質の悪さも問題視されています。
数あるカラコンの通販サイトですから、業者はより安く提供し、価格競争に勝とうとします。
そうすると国内製品では対応しきれなくなり、海外製の品質に問題があるようなものまでが流通しだしたのです。
そういった粗悪品のカラコンを装着すると、着色している色が目の表面でにじみ出たり、それによってまた目の病気を引き起こす場合があるのです。

カラコンは正しい知識を持って利用する

そのような危険性を回避するためにも、カラコンはきちんと基礎知識を身に着けてから使用しましょう。
眼科を受診し、自分に合った度数と、目のカーブをはかってもらってください。
ネットで購入する際には、その数値を守って、自分に合ったものを購入します。
また、通販の場合、そのサイトの中に「特定商取引法に関する表示」という項目があるはずです。
そこに「高度管理医療機器製造販売業許可」について記載があるかを確認してください。
きちんとこの許可を得ている業者であれば、許可番号を記しているはずです。
最低限、これがあるところで購入してください。
(この許可なくしてカラコンの販売をすることは違法です)

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信