みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

韓国経済の実態と現状

time 2015/09/27

韓国がピンチ!?韓国経済の実態とは

日本の隣国になる韓国は、現在経済的に窮地に立たされていると言えます。
それは韓国経済危機で、韓国通貨のウォン高から来る輸出の衰退です。

その一つが、有名な韓国の携帯企業の業績低下と言えるでしょう。
その根本にあるのが、
IT企業や家電企業等の輸出競争に負けている韓国経済の実態。

他国商品をコピー化した韓国企業のスキャンダルもその一つなのです。

韓国

韓国経済が衰退した経緯とは?

それでも新興国として、期待の経済復興を行って国でもあります。

以前アジア通貨危機の時代には、IMFから多額の資金を借り入れて
韓国のデフォルト(破綻)状態から脱却した経緯がありました。

<スポンサードリンク>

その時には、日本も韓国への援助を行った経済の歴史があります。

そこから世界でも恵まれた資金援助から、
韓国経済危機での破綻から回避し歴史があるのです。

その為に現在の実態の不安定さは、
将来再度の景気回復にチャレンジする力を持った国でもあるのです。

他にもあった韓国経済衰退の要因

それでも世界的な経済の減速は、
中国の経済の衰退である「チャイナ・リスク」からの影響があります。

また日銀緩和からの円安も韓国経済に影を落としています。

以前は円高から来る日本商品の高額購入が目立ってきた為に
格安のウォン輸出の商品が、日本企業よりも各国に買われた経緯がありました。

それが現在では、逆の輸出商品の事情があります。

それに現在世界が、注目する米国・FRBからの米ドル利上げ期待があります。

これによって、新興国の通貨が価値を失う為替状況があり、
また株安への流れから新興国の株マーケットの下落懸念が、強まってきました。

それは、中国・上海株の急落における
「チャイナ・リスク」でもあるといえるのではないでしょうか。

その為にアジアである東南アジアや韓国も同様にマーケットの不安定な株安状況懸念があります。

経済回復の”カギ”とは?

それを払拭する為には、韓国の強い経済と対策が必要になります。
その為に経済の建て直しや対策を考慮する事も大切であり、
そこから韓国経済の強さの復活が、期待できます。

よって、同じアジアである日本にも経済の回復がもたらされます。

その韓国経済でプラス要因は、個人経営者の多さともいえるでしょう。

日本人観光客を呼び戻せ!

韓国

また韓国ドラマの面白さは、日本でも韓流ブームを巻きおこなし経済効果があります。
それに韓国の観光客の受け入れ態勢は、韓国の首都であるソウルを中心に定評があります。
しかし近頃の伝染病ウィルスの騒ぎによって、観光客が遠のいている現状があります。

過去に学ぶと言うこと

その事からも韓国経済には、更なる打撃が訪れた今年の夏の実態です。
それでも対応を早急に行うべきだった課題はありますが、
今後の教訓にも出来る対応です。

ですから新興国として、
今後の多様な課題と破綻の教訓から経済回復を行うべき時期でもあります。

それは、過去のウォン危機からたち直った体験が役に立つ時です。

またその教訓を生かして、
今後の韓国経済をやり直す事が、望ましい新興国です。
それは現在の韓国の経済実態は厳しい状況ではありますが、
現状を正しく知る事から好転を行う経済対策が見つけられます。

それは隣国の日本にも言える事情です。

そこから韓国だけでなく、
世界の経済がチャイナ・リスクを払拭出来る体制作りも望まれます。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信