みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

ANAカードの賢い使い方

time 2015/09/06

 ANAカードは、ANAのマイルを貯めるのにもっとも便利で有効です。
東京ー福岡間をビジネス割引運賃で往復すると1134マイル貯まります。
ANA特典航空券は、距離と時期によりマイル数が違いますが、例えば、東京・福岡間だと往復航空券が15000マイルです。
単純に計算しても13回くらい往復すると、1回タダで東京ー福岡が往復できます。
これに加えて、この航空券74780円をANAカードのクレジット機能で払うとOKIDOKIポイント7.5ポイント=75マイルになります。

ANA

また、ANAの予約サイトでは提携ホテルの予約が可能です。
このサイトを利用すると宿泊料金は通常に電話で予約するよりかなり安いですが、そのうえに宿泊料金100円~200円で1マイルが付加されます。
しかもボーナスマイルが1泊1000マイルもついている場合もあります。
この場合、1泊1万円のホテルに2泊すると2200マイル貯まります。
また、ホテル代2万円をJCBで払うと20ポイント=100マイルになります。
おさらいすると、東京福岡間往復マイル1134マイル、JCB75マイル、ホテル2200マイル、JCB100マイルで合計3509マイルになります。
1回旅行するだけでこれだけマイルが貯まるわけです。
こうなると、4回旅行すると14036マイルで15000マイルまであとわずかです。

<スポンサードリンク>

ANAの特典航空券は国際線でも利用できます。
例えば韓国までは15000マイルで九州と同じ、中国まで20000マイル、北米50000マイルです。
こんな感じで往復の特典航空券を入手可能です。
また、時々、特典航空券はローシーズンやバーゲンがあって、通常15000マイル必要なところを12000マイルで入手できることもあります。
クレジット機能がJCBの場合、クレジットを利用して買い物をすると、1000円で通常ポイントであるOKIDOKIポイントが1ポイント貯まります。
JCBのサイトからOKIDOKIポイントを使っていろんな商品を直接選ぶことができます。
この中には、JCBのギフト券などもあるので汎用性が高いと思います。
しかし、何といってもANAのマイルに交換するのがよいです。
5マイル交換コースだと、通常ポイント1ポイントが5マイルと交換できます。
10万円使うとOKIDOKIポイント100ポイント=500マイルの換算となります。
また、通常ポイントのほかに、ボーナスポイントがついてくることがあって、ボーナスポイントは1ポイントを3マイルに交換できます。
ほかに、JCBに公共料金の支払を集中しておくと、知らず知らずのうちにOKIDOKIポイント=ANAマイル貯まってしまします。
Edy機能がついているともっとポイントがたまります。Edy使用200円で加算マイルが1マイル貯まります。
ANAカードのJCBのOKIDOKIポイントは、気が向いたときにポイントをANAのマイルに交換する方法と自動的に交換する方法があって便利です。 

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信