みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

今人気の医療事務ってどんな仕事?

time 2015/09/05

人気の資格ランキング上位の常連「医療事務」

医療事務とは、病院やクリニックで医療に関わる事務全般の業務を行う仕事のことです。
医療に関する専門知識が必要となるため、呼び方が一般事務とは別になっています。
医療事務の仕事に従事するには、学歴などは必要なく未経験でも業務を行うことが可能です。
しかし、専門的な知識を必要とする仕事なので、知識を得ていると証明できるものがある方の方が就職に有利で、給与面の待遇も変わってきます。

医療事務

医療事務の主な仕事内容

受付窓口業務

医療事務には主に二つの仕事があります。一つは受付窓口業務、もう一つはレセプト作成業務です。
受付窓口業務は、保険証の確認、診察日の予約や患者さんに来院理由を記入してもらう仕事です。
病院の窓口とも言える仕事なのでコミュニケーション能力や人当たりの良さが大事です。診療後は、患者さんにへの薬の説明や診療代の徴収業務を行います。また、病院では病棟クラーク業務というものがあります。
病棟クラーク業務とは、ナースステーションでの事務担当のことです。
病院に入院してきた新しい患者さん、退院される患者さんの受付業務、カルテや伝票などの書類管理、面会者の案内、書類・検体・薬品等を他セクションへ搬入する業務をしています。簡潔にいうと、患者さんと医師・看護師といった医療スタッフの間を繋ぐパイプ役です。

<スポンサードリンク>

レセプト作成業務

もう一つのレセプト作成業務とは、業務の中でも最も専門的な仕事です。
レセプトとは、診療報酬明細書のことで、患者さんの医療費を計算する仕事になります。医療費は点数で表されており、健康保険による適用額は点数に応じて変わり、適用されることで診察料の約3割が患者さんの負担となります。
計算を行うためには、患者さんのカルテを参考に、コンピューターへデータを入力し、診察料を算出します。
仕事に従事するのに資格は必要ないのですが、仕事の幅を広げていくためにも資格の取得をお勧めします。
資格は多数ありますが国家資格ではなく、全て民間の資格になります。
中でも知名度が高いのは、「診療報酬請求事務能力認定試験」、「医療事務管理士」、「医療事務技能審査試験」の3種類が知名度が高く難易度も高いものとなります。
取得することで知識を増やし、活躍の場を広げ、収入をアップさせることが出来ます。

医療事務

仕事は専門的な知識やスキルが身につけられるだけでなく、労働時間も他の仕事と比較すると安定しているので、近頃では女性に人気の仕事の一つです。
結婚や育児で仕事から離れた方も復帰しやすく、未経験でもチャレンジしやすいのも魅力に感じられている一つでしょう。
しかし、安定した職場のため、人の入れ替わりはあまり多くないので、求人はありますが、新卒や未経験者には少々狭き門となることが考えられます。
医療事務は、病気の患者さんのために何かできる仕事がしたい、人と接するのが好きという方や、几帳面で整理整頓が得意で苦にならない方に特に向いている仕事です。
キャリアアップに繋がる資格も多数あるので、高みを目指して行くのも醍醐味の一つです。興味のある方は転職の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信