みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

コートの手入れの仕方

time 2015/09/04

コートの季節到来!

コートと言えば、真冬のウールコートだけでなく、秋にも薄手のトレンチコートなどが活躍しますね。
肌着のように毎日取り換えるものではなく、1~2着ものもを、1シーズンずっと着続けるという人も多いでしょう。

ですが、なかなか自宅の洗濯機で洗えないのが悩みの種。
みなさんコートのお手入れはどのようにされていますか?

素材に合ったお手入れ方法が大切です

wool

これはコートに限らずですが、洋服はその素材に合わせたお手入れ方法が必要になります。
たとえば、コートでよく使用されている素材のひとつがウール。
ウールは通常の洗濯物のような洗い方をすると、縮んでしまいます。
また、高級素材として有名なシルクには、漂白剤はご法度です。
絹そのものを痛めてしまい、シミになってしまいます。

洗わずとも毎日できる手入れ方法

夏のように汗を大量にかくわけでもありませんし、シーズンに1度程度のクリーニングでも十分なコートですが、そのためには毎日できる限りの手入れをしておくことで、より長く愛用することができます。
たとえば、ブラシなどでホコリを払ったり、カシミヤなど虫が付きやすい素材なら、ハンガーに虫除けになるサシェなどを一緒につるしておくと安心です。

シミができてしまった場合

コート

シミができてしまうと、慌てて水をかけて洗い流そうとしたりしがちです。
ですが、水自体がNGな素材もあります。
まずはタオルなど柔らかい素材のもので、汚れをこすらずにポンポンとふき取りましょう。
シミもその種類によって、落とせる溶液が変わっています。
むやみに手持ちの洗剤などを使用せず、なるべく早くクリーニング店に持ち込んでみてください。

中にはチェーン店のクリーニング店では対応しきれないシミというものもあります。
そういったものは、全国から送られてくる洋服のしみ抜きに対応してくれるような、「しみ抜きのプロ」がいるクリーニング店に任せるのも一つの手です。
コートは特に1着当たりの額も高額なものが多いですので、できるだけメンテナンスしながら、長く着たいものですよね。

コートの季節が過ぎたら

シーズンが終わると、早めにクリーニングに出すようにしましょう。
最近では、自分で持ち込まなくても、オーダーするとキットが届き、そこにクリーニングしたい洋服を入れて送り返すだけで、クリーニングから半年程度の長期保管まで請け負ってくれる業者も出てきました。
往復の送料とクリーニング代、そして保管料も合わせて1着当たり2,000円~程度が平均的な金額です。
(もちろん枚数が多くなるほど割安に、少なければ割高になります)
大切なコートを虫食いされてもイヤですよね。
こういったプロに任せれば、シーズンオフの間の管理の手間も省けますし、またクローゼットもすっきりしますよ。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信