みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

エプソンのプリンターが支持されるワケ

time 2015/08/28

毎年夏から秋にかけて新機種が発表されます。エプソンのプリンターもほぼ毎年、9月前後に家庭向けのプリンターの新機種が発売されます。個人向けプリンターを毎年買い換える人は少ないのですが、エプソンは人気があり、手ごろな価格も手伝い年末の年賀状の季節になると入荷待ちになる機種が出てくるほどです。

エプソン

エプソンのプリンターは何故支持されるのでしょうか。
家庭でも気軽にカラー印刷、コピーしたりすることができる複合機というものと印刷のみの単機能のものがあります。エプソンのプリンターは単機能の機種についてはとにかくコンパクトで小さいのにカラー印刷ができるので人気があります。家庭用の印刷であればA4用紙に印刷ができれば問題がないと言われていましたが、最近はA3用紙への印刷ニーズも高まっており、A3用紙、A3より大きいA3ノビサイズの用紙に印刷できる機種も揃えているからです。A3用紙印刷の頻度は高くないものの、ごくまれに印刷する人に対してのニーズにも応えているからです。
A3ノビサイズ以上の大型機種も多数あり、A0、B0サイズはもちろん、ロール紙にも綺麗に印刷できる機種が揃っています。
印刷に使用しているインクの質にも支持が集まっています。インクには顔料系と染料系がありますが、エプソンでは多くのカラー印刷対応機種では染料系を採用しつつも黒だけは顔料系を使用している機種があります。印刷された用紙が水に濡れてしまったときでもインクが流れない顔料系インクは封筒やハガキの宛名などに向いていますが、カラー印刷のインクにすると色味が濃くなってしまうことが多く、綺麗に印刷するには専用の用紙を使用する必要がありました。染料系インクであれば専用紙以外でも顔料系に比べると比較的綺麗に発色することもあり、気軽に、それでも綺麗に印刷をしたいというニーズを上手く汲み取っています。

<スポンサードリンク>

毎年新機種が発表されていますが、インクに関しては同じインクが使用しているものもあり、プリンターの最大の消耗品であるインクについて配慮がされていることも人気です。
カラー印刷は搭載されたインクを混ぜ合わせて使用していますが、大型機種では独立インクが10色という機種も存在します。発色だけではなく、色の再現性にも工夫がされているのです。
エプソンはビジネスの世界でも急速に支持を伸ばしています。通常のオフィス業務だけではなく専門性の高い業種向け機種でも様々な製品を出しています。官公庁の業務、教育機関向け、医療機関向けなど様々な機種を揃えており、業界特有の慣習に即した機種も多数発売しています。とくに宅配便など複写伝票を印刷することができる機種は発売しているメーカーが少なく、価格も高額なものが多い中で比較的リーズナブルな機種を取りそろえている、ドットインパクト特有のインクリボンの交換もリボンのみの交換が可能となっており人気があります。
ラベル印刷を大量に行う業種向けにラベル印刷専用機種などもあり、ボリュームを追求できない市場にもアプローチをしています。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信