みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

カードローンを賢く利用するコツ

time 2015/08/13

カードローンと言うのは、カードを使って借入返済できるフリーローンのことです。
三菱東京UFJやイオン銀行、SBI銀行など普段利用している銀行にも、カードローンの取り扱いはあります。
カードローンはそのネーミングの通り、キャッシュカードのようなカードを利用し、ATMを使って借入返済をするようになっています。

カードローン

一番の特徴は借入上限額と最長返済期間を決めてあるだけで、自由に借入返済できるところです。
例えば借入上限額を100万円、最長返済期間を6年72回と言う契約にしたとしましょう。
いきなり上限額いっぱいに借り入れて、後は毎月一定額返済していくと言うのもあります。
逆に全く使わないで置いておいても問題ありません。
普通は必要な金額を借入、最小返済額を返済していくか、あるいはもう少し多く返済していきます。
もちろん短期間でまとめて返済してもかまいません。
この様に借入限度額と返済期間と言う制限付きですが、その間は自由に使える預金ができたような感じで使えるのが大きな特徴です。
しかしながら注意したいのが、当然ですが預金とは違って金利手数料がかかります。
決してただではありません。

しくみをきちんと理解して利用することが一番大切です

電卓

ただやみくもにローンは怖いもの、ではないのです。
仕組みを理解し、シミュレーションできるかが大切なのです。

まず一番考えられるのは、収入と支出のバランスをとることです。

<スポンサードリンク>

どの手段が一番得なのか、比較検討する

また大きな買い物をするときにローンを利用するのなら、販社の分割払いローンを利用するよりも、カードローンを利用するほうが金利が安い場合もあります。

自動車のローンなどは、最近はかなり安くなっているのですが、それでも全てのディーラーのローンが安くなっているわけではありませんし、特に中古車のローンはそれ程安くありません。
そういう時にカードローンを上手く使うととても安く借りることができます。
ぜひローンを組む前に、返済シミュレーションをしてもらいましょう。
ローンを取り扱っているところであれば、紙面できちんと作成してくれます。

小さな不動産の購入やリフォームなども上手く利用すれば、安く借り入れ出来る場合があります。
一般的な不動産ローンと違って保証人も要りませんし、数百万円以上の大きな借入の場合には金利も大変安くなるので、住宅ローンなどに比べてもほとんど変わらないほどの金利で借りることができます。
余裕があるときは、利子を無駄に支払わないためにも、多めに返済していくという方法もあります。

このような自由さはカードローンならではのものと言えるでしょう。
利用を検討する際は、ぜひ上記のようなポイントを踏まえて、「比較検討」「シミュレーション」をして賢く利用してくださいね。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信