みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

結婚式のドレス選びノウハウ

time 2015/07/01

結婚式のドレス選びで失敗しないコツとは?

結婚式 ドレス
結婚式を挙げることになったら、花嫁としてはやはりどんなドレスを着るかが重要になってくると思います。
デザインは?色は?シルエットは?
ここでは「失敗しない結婚式のドレス選び」を伝授したいと思います。

ウエディングドレスの選び方の基礎

まずウエディングドレスですが、やはり純白の花嫁ですので、白が良いかと思います。
またはナチュラルな素材やテイストが好きな方は生成りなど。
カラードレスが着たい場合は、お色直しのカクテルドレスで楽しむようにしましょう。

ドレスを選ぶ際に重要なのが、そのシルエットと着丈、首回りのデザインです。
近年、デコルテがきれいに見えるベアトップタイプや、オフショルダータイプがトレンドでしたが、ここにきてオシャレ上級者やレトロテイストが好きな方の間で、首元の詰まったデザインがじわじわと人気が出てきています。
首回りのデザインによって、合わせるネックレスも変わってきますので、そこも一緒に検討するのが良いかと思います。

また、シルエットですが若い人であればたっぷりとパニエを入れたプリンセスのようなふんわりシルエットがお勧めです。
年齢が上がるごとに、もう少しAライン程度のボリュームに抑えて、可愛さよりも上品さを演出してみるといいかもしれません。
また、背の高い方であればマーメイドラインもおすすめ。
これは背の低い人では似あわないので、背の高い人特権のデザインと言えます。

カクテルドレスとの兼ね合いを考える

ウエディングドレスが白、カクテルドレスが薄いピンク、となると、お色直しをした際に、あまり変化がなくゲストの方にとっても面白味にかけてしまうかも?
そういう時はブーケをうんと明るいカラーのものに替えて変化を付けたり、新郎のタキシードを白から黒にチェンジするなどしてメリハリをつけてみてください。
また、ドレスショップでは派手に見えがちな濃い色のドレスも、実際に式でライトに照らされると非常に映えます。
これぞ結婚式の主役!というオーラが出ますので、普段ビビットな色の服を着ない方でも、ブルーや赤などに挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

どうしてもドレスを選びきれない場合は?

良くあるのがドレスを絞り込めないということです。
カクテルドレスであれば、2回くらいはお色直ししても良いかもしれませんが、披露宴の時間が限られているので、あまりたくさんは着られません。
それに、ウエディングドレスなら、式と披露宴でお色直し・・・というのも時間の都合上あまり見かけませんね。
(ヘアチェンジ、ブーケチェンジが主流化と思われます)
そんな時は、式で着られなかったドレスを着て、二人で撮影だけしてみてはいかがでしょう?
昔は当たり前だった前撮りですが、今では前撮りしないカップルも多いです。
ですが、写真だけでも残しておく価値はあります。
結婚式は一生に一度のもの。あとで「あのウエディングドレス、やっぱり着たかった!!」と後悔しても、もう着る機会はないと思って正解です。
ですので、やりのこしがないようフォトブックやアルバムだけでも残しておくことをオススメします。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信