みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

ローカロリーなクッキーの作り方

time 2015/07/25

ダイエット中で間食を我慢していると、途中でどうしても甘いものが食べたくなってしまうことは珍しくありません。バターや砂糖がたくさん使用されているクッキーは、甘くてサクサクでとてもおいしいですが、その分カロリーも高くなってしまいます。これを食べてしまったら、今まで頑張ってきたせっかくのダイエットが水の泡。でも、だからといって我慢し続けるのは辛いものです。無理をしすぎると、つもりにつもった食欲が暴走して、過食に走ってしまう危険もあります。では、ローカロリーでも美味しい、ダイエット中でも食べられるクッキーを作ることはできないのでしょうか。

クッキー

クッキーをはじめとした、デニッシュやパンケーキなどの甘いスイ―ツのカロリーが高いのは、上述したようにたくさんのお砂糖やバターが使われているからです。つまり、これらを他の材料で賄うことができれば、カロリーを大幅にダウンさせることは十分に可能です。
例えばおからをメインに使うのも、カロリーダウンには効果的です。気になるおからのカロリーは、100グラムあたりおよそ110キロカロリー前後です。つまり大さじ1杯、10グラムのおからを使ったとしても、たったの11キロカロリー。小麦粉が大さじ1杯で約37キロカロリー、薄力粉大さじ1杯は約40キロカロリーなので、これらと比較すると、よりおからが低カロリーだということが分かります。おからはヘルシーな上に腹もちもよく、非常に優秀なのです。また、乾燥おからは薄力粉の代わりを務めることもできます。薄力粉は先ほど述べたようにカロリーが意外と高いので、これを置き換えるだけで全体のカロリーを大きく抑えることに繋がります。このように、おからはダイエットの強い味方なのです。

クッキー

また、おからには食物繊維がたくさん含まれています。そのため、摂取することでお通じをよくする効果も期待することができます。さらにおからはコストパフォーマンスもよく、気軽に手に入れられるのもポイントです。
気になるレシピは、様々なものがインターネットなどで紹介されていますが、簡単なものだと豆腐とおからをフードプロセッサーにかけてオーブンで焼くのみなど、少しの手間で、誰にでも気軽にチャレンジできるものもたくさんあります。こうして作られたおからクッキーは、水を含むとお腹の中で大きさが2倍に、重量が3倍に膨れ上がるため、少しの量で満腹感を得ることができます。
その他、クッキーのカロリーをダウンさせる方法としては、蜂蜜やオリゴ糖、メープルシロップを砂糖の代わりに代用すると、ヘルシーに仕上げることができます。また、砂糖の使用量を少なめにして、代わりにドライフルーツを加えるのもよいでしょう。
このように、手作りのクッキーは材料を工夫することで大幅にカロリーをダウンさせることが可能です。コンビニなどに行けば、気製品を手軽に購入することができますが、カロリーは場合によっては手作りの倍近くになることも。少しだけ頑張って、手作りしてみるのもダイエットの近道だと言えるでしょう。


【楽天販売数1位】【TV放映で話題の松谷化学工業】【95%高濃度レアシュガースウィート】500g大容量ボトルの希少糖含有シロップお得な5本セット☆ゆうパック送料無料※一部地域を除く☆

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信