みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

バレンタインに贈って喜ばれるブランドチョコ10選

time 2015/07/25

バレンタインといえば思いを寄せる男性、または日頃お世話になっている方に女性から気持ちを込めてチョコレートを贈るイベントです。最近では友チョコといわれように女性同士でチョコレートを交換するといったこともあります。そもそも日本でバレンタインにチョコレートを贈るというのは某チョコレート会社が宣伝したことによるといわれていますが、今や男性にも女性にも一大イベントのひとつとして習慣づいています。
ここでバレンタインに贈って喜ばれる人気ブランドを紹介します。

ゴディバ

王道のチョコレートブランドにゴディバがあります。ゴディバはベルギーのブランドで、高級チョコレートのブランドとしては最も有名なものの一つといえます。そのためあまりブランドに詳しくない男性に贈っても喜ばれます。
ジャン=ポール・エヴァンはフランスショコラの代表的なチョコレートブランドです。ビターな味わいのチョコレートが人気です。チョコレートのみならず、焼き菓子やアイスクリームといった商品でも人気のあるブランドです。

JEAN-PAUL HÉVIN

デメルはブランドマークにハプスブルク家の紋章を使用しており、このブランドは三種の味のソリッドチョコが看板商品です。ソリッドチョコは猫の舌の形をしたチョコレートで、パッケージも猫のイラストのものになっており、可愛らしいデザインが人気です。
ガレーはベルギー王室御用達のブランドです。味の違う小さな棒状のチョコレートが何種類も入ったミニバーが定番商品です。このブランドの商品はチョコレートだけでなく入れ物にもこだわっており、食べた後のボックスをジュエリーケースのように使えます。おしゃれな女性などに贈っても喜ばれる商品です。

La Maison du Chocolat

ラ・メゾン・デュ・ショコラはフランス、パリで創業したブランドです。パッケージもチョコレート自体もシンプルなものが多く、男性からも好評です。
ヴィタメールはデメルと同じくベルギー王室御用達ブランドで、チョコレートだけでなく、焼き菓子やケーキなどにも定評があります。
ピエール・マルコリーニはチョコレートの本場ベルギーのブランドで、ベルギーチョコの奇才といわれています。バレンタインの商品にはハートの形のショコラがたくさん見られ見る人の目を奪います。このチョコレートはカカオの味を生かした甘さ控えめのチョコレートが売りとなっているので、大人の味が好みの人に好まれます。

ピエール・マルコリーニ

ロイズは生チョコで有名なブランドです。北海道に本社を構える会社で、北海道土産としてもよく購入されるひとつです。ロイズの生チョコはオーレやホワイトなど種類が豊富にあります。生チョコはウイスキーやワインにもよく合いますし、お酒好きの男性にプレゼントすると喜ばれます。また値段が手頃なのも魅力のひとつです。
値段の手頃なブランドに、モロゾフやメリーがあります。これらは値段のわりにデザインなどがかわいらしく種類も豊富なので、義理チョコとして配るチョコレートとして購入する人が多くなっています。


ロイズ コレクション・ブルーギフト 詰め合わせ 【ROYCE】

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信