みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

賢いビジネスホテル活用術

time 2015/07/25

ビジネスホテルもピンからキリまであり、都会のものと地方のものではかなりの違いがあり、さらに同じところにあっても交通便利なところとそうでないところもあり、本当に様々です。
ですから、ビジネスホテルは、利用目的によって使い分けるのが賢い利用術となります。
名前がビジネスホテルだからと言ってビジネスのときに限定する必要は全くありません。最近では、多くのものが交通便利なところに設置されるようになっており、そうでないところは送迎バスなどのサービス機能も備えています。

ビジネスホテル

そうなると、ご夫婦二人で旅をエンジョイするときに使うこともおかしくないのです。旅は旅館を使うのが相場のようなものでしたが、それであれば、おそらく二食色付きで、夕飯は品数がかなり多い懐石料理とか、何とがご膳というようなセットものか、流行のバイキング形式になり、翌朝は今度こそバイキングとか、和定食または洋定食から選ぶということになります。
でも、せっかくの旅行であれば、その地方独自の食事を楽しみたいという選択肢だってあります。ご夫婦そろって居酒屋で、生ガキとか馬刺しとか、何とか牛とかをお仕着せでなく、自分たちの気持ちで、程よい量、場合によれば高価でもめったに口にできないものなどを求める場合は、食事つきでないホテルがよいはずです。
また、行きたいところや夜に出かけたいケースなどの場合もあるはずであり、そうした場合は時間に縛られず、ぐっすり眠ることだけ確保できるところが最適です。値段のこともあり、ビジネスホテルの中には、こうしたことにぴったり対応できるところが数多くあります。

<スポンサードリンク>

また、ビジネスで泊る場合も、温泉地であれば、温泉に浸かってゆっくりしたいということを望む人も多くあります。会社の出張旅費の規程の範囲内で何とかしたいということの場合は、難しいこともありますが、今は、大きな浴場を備えたビジネスホテルも少なくありません。丹念に探せば温泉付きのものが必ずあります。特に温泉地の場合は、それが売りとなるので、外すわけがないのです。

食事も、前述とは逆に、名物などを使った夕食をセット料金の中で賄ってくれるところもありますし、中には居酒屋的な夕食を提供してくれるところもあります。生ビール一杯サービスなどと言われるとつい予約したくなるものです。
特に高級感を売り物にしているところは別として、一般的なビジネスホテルはリーズナブルな価格で料金設定し、アイディアやちょっとしたサービスで優位性を確保しようとしていますので、その優位性の特徴をしっかりつかみ、自分の利用目的との関係を整理し、選択するのが賢い利用法というわけです。
連泊で料金が安くなるものとか、ちょっとしたお土産付きとか、インターネットサービスとか、景色が見えなくてもよければ割引の部屋を提供とか、クオカード付とか、本当にいろいろあります。
値段次第で泊り心地は大方決まりそうですが、実はそうとも言い切れません。ここばかりは、口コミ評価を参考にするのがいいでしょう。良い評価でははずれはありませんが、少ない感想でなく、5つ以上のコメントを参考にすれば、イメージ通りの利用ができます。

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信