みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

TOEIC勉強法

time 2015/07/26

世界経済がグローバル化する中、日本も国際化へと進んできています。日本の大手の企業では、社内公用語を英語に変えたりと国際的に活躍できる環境作りに励んでいます。また、国内の中小企業でも、外国人を積極的に採用するなど、英語の重要性は日々高まっているのです。かつて、日本で生活する中では、英語を必要とする環境はありませんでしたが、今や日本にいても英語力なしでは、成功への道は閉ざされる可能性まで出てきているのです。
そんな状況を背景として、日本国内の学校や企業でも英語力のある人を集める動きが高まっています。日本の学校や企業で、学生や就職希望者の英語力を測るために用いられる試験と言えば、TOEICが最も一般的です。日本でも古くから親しまれている英語試験で、世界各国の英語を第二言語とする人に親しまれてきた試験です。このTOEICの試験で、良い点を取ることで学校や企業への道が開かれるばかりでなく、将来への成功にもつながる可能性があるのです。

TOEIC

しかし、残念ながら多くの日本人は、英語に苦手意識があります。そのため、世界各国で行われる英語の試験でも、日本人の成績はあまり良くないという結果があるのです。その原因と言えるのが、英語と日本語の違いです。英語の多くがラテン語から由来し、同じ言葉を語源とする国の人は、比較的英語を理解しやすいと言われます。ですが、日本語は全く異なる語源を持ち、発音や文法構成など、英語を理解する際、抵抗を感じやすいとされます。このようなことが原因となって、TOEIC受験を諦める人もいますが、そんな必要はないのです。なぜならTOEICには勉強法にコツがあるからです。

<スポンサードリンク>

リスニングの勉強法

では、その勉強法について紹介します。まず、試験はリスニングとリーディングに分かれています。リスニング問題の始めは、写真を見ながら内容を答える問題になっています。その際注意することは、英語を聞く前にしっかりと写真を頭に入れておくことです。写真を見て、次に英文を聞くという勉強を繰り返し行います。その訓練を行うことで、自然に問題が解けるようになります。次に出題される問題は、写真なしのリスニング問題です。ですが、英文の質問が記述されているため、それを先に読む訓練を行います。TOEICは、時間との勝負だと言われています。いかに短時間に英文を理解するかが、合否を決めると言っても過言ではないのです。そのため、質問の英語を短時間で読めるように、何度も訓練することが重要です。

リーディングの勉強法

次に、リーディングの問題が並びます。このリーディングの問題も、時間の使い方がカギになります。日頃から、短めの設問を答える勉強を繰り返し行います。その後、長文のリーディング問題へと続きます。多くの人が、ここで沢山の時間を費やしてしまうと言われています。そのせいで、問題を全部解くことができず、残念な結果になることがあるのです。この長文の勉強法とは、全文を丁寧に読まないことです。まず設問を読み、ポイントを押さえた後、文章に目を通します。このようなコツを掴むことで、英語が苦手であっても、高得点は期待できるのです。


TOEICテスト新公式問題集(vol.6) [ Educational Testing ]

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信