みんなの気になるガイド

人気ワードや気になることを解説したポータルサイト

スポンサードリンク

XPのサポートが終了

time 2015/07/26

企業が利用しているパソコン向けのOSの中で現在でもWindows XPを使っている所は多いです。
しかし、Windows XPは、2001年に発売されたマイクロソフトのOSですので、現在のバージョンに比べて機能面やアーキテクチャーで古さが目立ちます。
また、セキュリティ面でも、アップデータとアンチウィルスソフトを使わなければ確保出来ません。
そして、Windows XPではサポートが終了しており、アンチウィルスソフトを使わなければ、ウィルスやワームなどに感染されやすい環境になりつつあります。

Windows XP

サポートが終了した場合、新しいOSを搭載したパソコンやサーバに乗り換えるのが一番の方法です。
新しいバージョンのWindowsを既存のパソコンやサーバにインストールする方法もありますが、最新のOSでは、最低限必要なスペックがありますので、その条件を満たしていないのであれば、利用出来ない事があります。
その他にも、LinuxやFreeBSDなどのオープンソースオペレーティングシステムに切り替えるのも効果的です。
この場合は、動作必須スペックが最新のWindowsよりも低くても動作させられるディストリビューションが存在しますので、快適にオフィスで使えるパソコン環境を構築出来ます。

<スポンサードリンク>

但し、今まで使ってきたWindowsのソフトウェアは、WindowsのAPIを移植したソフトウェアを使ったり、PCエミュレーターを使わなければ、動作させられません。
データ互換のあるアプリケーションをインストールして、そのソフトウェアの使い方をマスターしなければいけないといった学習コストが掛かってきます。
サポートの切れたXPからどうするかは、企業が環境の変換にどれだけの予算を組み込めるのかで決まってきます。
予算が十分に確保出来る場合には、システムを刷新した方がサポート面でも有利です。
システム管理者がオープンソースオペレーティングシステムに長けているのであれば、サーバを中心にシステムを組み上げ、各パソコンをシンクライアント端末化してセキュリティ面を強化するといった事も可能になってきます。
OSの安全性は、開発メーカーのサポートをどれだけ受けられるかで決まってきます。
充実したサポートを必要とするのであれば、新しいOSを搭載したシステムを導入した方が効率的です。
また、古いオペレーティングシステムを使い続けていますと、情報漏洩やシステムダウンなどの原因に繋がり、結果的に業務に悪影響を与えてしまいます。

パソコン

これらの悪影響を受けないようにする為には、システムのセキュリティを強化していくしか方法はありません。
従来に比べて、法人向けのPCは大幅に値下がりしており、一括購入を行えば、割引を適用してくれる業者もあります。
サポートを終了するXPをいつまでも使い続けるのはリスクが高いです。
windows7、8、10などにOSをアップデートするのが望ましいのではないでしょうか。
近年では、タブレット端末を使っている企業が増えていますので、業務システムをクラウドサービスに切り替えるといった方法も有効でしょう。


【あす楽対象】【送料無料】 マイクロソフト 〔パッケージ版:新規インストール〕 Windows 8.1 Update

違反を報告する

関連記事

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

インターネット通信